【Aviutl】はじめてのイージング ②~使い方編~【トラックバー版】

はじめてのイージング

 

Aviutlでイージングを使ったアニメーションを学んでいくはじめてのイージングシリーズ。

今回は『使い方編』ということで、前回の記事で導入しましたUndoFish様の「イージング(トラックバー版)」の基本的な使い方を解説していきます。

 

イージングについてや、スクリプトの導入方法ははじめてのイージング①~導入編~を参照ください。

はじめてのイージング

【Aviutl】はじめてのイージング ①~導入編~

2018年9月8日

イージング(トラックバー版)解説 事前準備

まずはイージングをかけるためのオブジェクトを用意していきましょう。

今回は説明をシンプルにするために、簡単な図形オブジェクトを使いながら解説していきます。

図形オブジェクトを用意

  • タイムライン上で右クリック => [メディアオブジェクトの追加] => [図形]
  • タイムラインの図形オブジェクトを右クリック => [長さを変更] => 秒数指定を「3秒」に変更

図形オブジェクトに中間点を指定

  • タイムラインの図形オブジェクトを右クリック => [中間点を追加]
  • 表示された中間点を、オブジェクトの真ん中くらいに移動。

ここまでイージングサンプルの下準備は完了です。

イージング(トラックバー版) の使い方

いよいよ用意した図形オブジェクトにイージングをかけていきます。

イージングをかける

  • タイムラインの図形オブジェクトの、「中間点より左側(前半)」をクリック

 

  • 図形オブジェクトの設定ダイアログ [X] => [イージング] => [イージング(通常)]を選択
補足説明

上記では「イージング」というフォルダ内に、イージング(通常)が入っていますが、フォルダ名は任意です。

今回の場合はこちらは前回の記事の導入時につけた「イージング」というフォルダ名が反映されています。

お好みのフォルダ整理で大丈夫です。

はじめてのイージング

【Aviutl】はじめてのイージング ①~導入編~

2018年9月8日

 

イージングをかけたオブジェクトの動きを決める

イージングをかけたら、図形オブジェクトの前半部分を選択したままの状態で、Xの数値を変更していきます。

今回は -200 , 200 にしてみました。

 

イージングの種類を決める

これが最後のステップです。長かったですね。

  • 図形オブジェクトの [X] => [設定[1]] をクリック

 

設定フォームに数値を入力します。

ここの数値は、前回の記事でもちょっと触れたイージングのチートシートの番号を入力します。

この数値で、『どの種類のイージングを適用させるか』を指定していきます。

 

 

多摩川

いや表見たって、どれがどんな動きかわかんねえよ!!!!!

 

ですよねー。

とはいえ、これはもう実際に使ってみて動きを確認するしかない感じです。

需要があれば近いうちに『イージングチートシートを全部試した動き一覧』みたいな記事書こうと思うので、よかったらお待ちください。

 

イージング(トラックバー版) のサンプル

上記で作成した図形オブジェクトに、イージングをかけたサンプル動画を用意しました。

[設定] の数値のみ変更しています。

[23] ease OutExpo

高速 => 低速

シンプルながら垢抜けた動きに。

[22] ease InExpo

今度は逆に、低速 => 高速

端でピタッと静止してしまうので、物体っぽくするのに一工夫あると良さそう。

[39] ease OutBounce

動きが面白いバウンス系。

指定した地点にぶつかって弾みます。ちょっとかわいい。

[31] ease OutElastic

バウンス系はボールが弾むような動きに対し、エラスティック系はバネやゴムの伸縮イメージ。

指定した地点より先へ進み、弾んで戻るという動き。

 

イージング(通常)と(補間移動)の違い

今回使用しているUndofish様の『イージング(トラックバー版)』には「イージング(通常)」と「イージング(補間移動)」の2種類があります。

通常と補間移動の違い

  • イージング(通常)
    => 中間点ごとにイージングが動作する
  • イージング(補間移動)
    => 設定したイージングが一気に動作する(中間点は無視)

↓が、イージング(通常)とイージング(補間移動)の動きの違い。

通常では、中間点ごとにイージングするので、右側で一度静止する動きがありますが、補間移動は中間点を無視するので一気に移動します。

あんまり補間移動を使うシーンが思いつかないですが、基本は通常を使ってイージングしていけば良いと思います。

(こういう時「補間移動」使うのオススメ!みたいなシーンあればご教示ください)

 

はじめてのイージング② まとめ

はじめてのイージング

ということで「はじめてのイージング」第2回、使い方編でした。お疲れさんです。

前回の導入編と合わせて読むことで、イージングの概要から、スクリプト導入~具体的な使い方まで把握できたかと思います。

イージングの数値を変更しながら実際に動きを見ていく中で、『あ、この動き好きかも』というお気に入りを見つけられると、他のアニメーションにも適用しやすいかもですね。

 

イージング(トラックバー版)は、今回サンプルのような座標の移動だけでなく拡大率、透明度、回転、他エフェクトのパラメータにも適用することができます。

 

イージングを使いこなせば動画のクオリティは格段に上がり、一気にオシャレな印象になります。

ちょっと始めはとっつきにくいかもしれませんが、ぜひ今回の記事を参考に動画に取り入れてみてください。

今回はここまで!
皆さん良い動画ライフを。

 

◆当ブログのAviUtl動画制作Tipsはこちら

初心者でもすぐに使えるカッコいいプラグインや、エラーで困った時の対処法などを解説してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です