実況ユニット『あけたま』とは

Bandicam5.1.0 リリース!アップデート内容まとめ

 

ども、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

当ブログでもたびたびご紹介している高機能デスクトップキャプチャーBandicamですが、2021年3月23日最新版となるバージョン5.1.0がリリースされました。

今回はBandicam5.1.0のアップデート内容をまとめて、わかりやすくご紹介いきます。

アップデート手順については以下の記事で詳しく解説しているので合わせてチェックしてみてください。
≫『Bandicam』のアップデート方法!最短手順でわかりやすく解説

Bandicam5.1.0 リリース!アップデート内容まとめ

Bandicamは2009年リリースの老舗ソフトですが、2021年現在に至るまで高い頻度でバージョンアップデートによる機能改善が繰り返されています。

2021年2月にリリースされた5.0.2から、約1ヵ月ぶりの更新となる今回のバージョン番号は5.1.0

いわゆるマイナーアップデートというやつで、既存機能の改善がメイン内容となっています。

5.1.0アップデート内容

「Bandicam」5.1.0のアップデート内容は以下の通りです。

・ファイル形式でMP4を選択した場合に、オーディオコーデックMP3が選択できるよう追加
・デバイス録画モードにてOBS Studioの仮想カメラ機能との互換性を改善
・コマンドラインによる録画開始、静止画キャプチャー、一時停止、再開(/start, /screenshot, /pause, /unpauseコマンド)ができるよう修正
・オーディオキャプチャーのバッファー処理改善
・一部の環境にて画面録画モードの指定した領域のサイズ情報が正常に表示されなかった問題を解決
・Bandicam内でBandicutのインストールができなかった問題を解決
・DLL Hijacking関連のセキュリティーの問題を解決

以下では主要な更新項目をピックアップしてご紹介します。

ファイル形式でMP4を選択した場合に、オーディオコーデックMP3が選択できるよう追加

[ビデオ] タブ > フォーマットの[設定] > オーディオの [コーデック] からMP3が選択できるようになりました。

『コーデック』とは、ざっくり言うと『圧縮+変換に使うプログラム』のこと。オーディオコーデックは音声の圧縮変換方法を指します。

Bandicamで使えるオーディオコーデックは以下です。

クリックするとBandicam公式サイトにジャンプします

今までMP4の動画形式の場合、オーディオコーデックは「AAC」しか選ぶことが出来ませんでしたが、今回のアップデートで「MP3」も選べるようになりました。

「再生したいデバイスの事情でMP3形式のコーデックを使いたい!」という場合にも対応できるようになったって感じですね。

まあ「AAC」も「MP3」もファイルサイズや音質にそこまで違いはないので、特別な理由がなければこれまで通り「AAC」を使っておけば良いと思います。

デバイス録画モードにてOBS Studioの仮想カメラ機能との互換性を改善

Bandicamは『デバイス録画モード』という機能があり、外部接続機器(ハードウェア)を通した収録が可能です。具体的には、

  • Webカメラ
  • キャプチャーボード
  • プレステやSwitch、Xboxなどのゲームハード
  • スマートフォン(Android/iPhone)

など、外部機器の映像を収録する際に便利な機能です。

また『OBS Studio』は有名な配信用ソフトですが、「仮想カメラ機能」を搭載しており、これは『OBSで合成した映像をWebカメラで撮影したものとして認識させる』ことができます。

 

例えばBandicamを使ってゲーム実況をする際に、画面下にWebカメラのワイプを表示してプレイヤーの表情を同時に収録することができます。

このワイプ映像を、OBSの仮想カメラを使って、好きな映像に変更することができます。

まあこのオペレーション自体レアケースかと思いますし、別撮りして動画編集ソフトで合成した方が手っ取り早そうですが、この機能の互換性にやや不備があったため今回のアップデートで改善されました。

コマンドラインによる録画開始、静止画キャプチャー、一時停止、再開(/start, /screenshot, /pause, /unpauseコマンド)ができるよう修正

Bandicamは実はコマンドラインからも操作が可能です。

Bandicamをコマンドラインで使用するためのコマンドパラメーター

ぶっちゃけあんまり使ってる人いないと思いますが、Windowsのタスクスケジューラと組み合わせてコマンドラインで予約録画ができたりします。

今回のアプデでは静止画キャプチャー関連のコマンドラインが修正されました。

DLL Hijacking関連のセキュリティーの問題を解決

『DLL Hijacking』 とはプログラム実行順序を不正に操作する手法のサイバー攻撃のこと(こちらのサイト様がわかりやすく解説しています)。

メイン機能には関係ないですが、ざっくりと『Bandicamのセキュリティが向上したんだな~』という認識でOKかと思います。

Bandicam5.1.0リリース 今回のまとめ

今回はBandicam5.1.0のアップデート内容をまとめてみました。

Bandicamは公式サイトの更新履歴を見ても、高頻度でアップデートを繰り返しているので、さらなる性能向上に期待できますね。

今回はここまで!
次回もよろしく!

当ブログの「Bandicam」記事一覧はこちら。
≫「Bandicam」記事一覧

またTwitterでも動画制作やゲーム実況に関するツイートを発信しています。
≫多摩川乱歩Twitter


関連コンテンツ

シェアしてくださると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

多摩川乱歩
ゲーム実況、ブログ、動画編集のハウツーなどを中心に発信しています。 動画編集歴7年目。ブログ運営4年目です。ゲーム実況者コンビ「あけたま」で動画投稿中(ニコニコ動画・YouTube)。 動画をカッコよく編集したい!面白いゲーム実況を撮りたい!好きをブログで発信したい!という方を応援するコンテンツを作っていきます。