カセットフーフー!はもうやめろ。レトロゲーム復活スプレーを知った男

「あれ……? 電源入れてんのにカセット読み込まねえじゃん!」

「まじ? ちょっと貸してみ? こうすりゃ一発で治るからよ。せーの(すぅぅぅぅ)」

 

やめろ。

カセットフーフーを今すぐやめるんだ。

 

カセットフーフーは悪手

ゲーム機の本体や、ゲームカセットの端子に向かってフーフーと息を吹きかけた事ある人、多いと思います。

かくいう多摩川さんもそんな世代。ニンテンドー64、ゲームボーイアドバンスをフーフーして育ってきました。

 

あれ実は悪手なのです。

ああやって吹きかける息は湿り気を帯びており、ゲームカセットの端子部分に水分がついてしまうことで腐食の原因になってしまうのだと。

サビを加速させ、カセットの劣化を早めるばかりだったんですね。

あの頃みんなフーフーしてましたよね? 中にはカセットをひと舐めすると回復するなんて奴もいた気がします。今すぐやめろ!!!

『レトロゲーム復活スプレー』ってのがあった

レトロゲーム復活スプレー』なんてもんが売ってるんですね。世の中探したらなんでもあるもんだな。

本製品は、幾度もの抜き差しや、経年劣化によって発生する「レトロゲームカセット」や「レトロゲーム機本体のカセット差込口」の接触不良を改善することができます。スプレータイプとなりますので、「レトロゲーム本体のカセット差込口」や「ケーブル端子部分」に付けやすくなっております。

 

フーフーの代わりなら100均のエアスプレーなんかでも良しですが、こいつは経年劣化の改善まで効果のある頼もしいやつです。

科学的に安定した合成油ベースの電気接点用防錆潤滑剤を採用しておりますので、ゲームカセットや本体の端子部分に少量かけるだけで、ゲームが起動しやすくなります。

また、接点部に付着したカーボンや汚れを除去し「酸化」、「硫化」を防止します。銅や銀に対する防錆力もあるので、端子部分の接触抵抗を安定化させ、接点の寿命を延ばします。

さらに防腐、防錆効果もあるとのことで、カセット系のゲームソフトには軒並み使用しておいた方がいいんじゃないですかね。

多摩川さんも『平成まるっと振り返り!30タイトル実況マラソン』に際して先日ニンテンドー64を買いなおしました。

名機といえど1996年発売のハード。

今からソフトを集めようとするとやはり中古品ばかりで、経年劣化は気になるところです。

こういったスプレーで上手にコーティングしてやれば、より長く快適に遊び続けられるんじゃないですかね。

まとめ

ということで今回はレトロゲーム復活スプレーについての紹介でした。

カセット系ハードとソフトなら例外なく利用できるので、当然64以外にも

  • ファミリーコンピュータ
  • スーパーファミコン
  • メガドライブ
  • ゲームボーイ

とレトロゲームを支えた名ハードたちを軒並みサポートしてくれます。

野球選手がグローブを手入れするように、ロードレーサーが自転車を整備するように、ゲーマーはゲームを大切にしていきたいものです。

接触不良で諦めかけてたあのソフトも、息を吹き返すかもしれませんね。フーフーと。

短いですが今回はここまで。
次回もよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です