実況ユニット『あけたま』とは

【MonsterX U3.0R】『製品が見つかりません』というエラー表示される問題の対応【Windows10】

おいすー。多摩川乱歩です。今回はエラー解消記事。

HDMIビデオキャプチャーの『MonsterX U3.0R』を使用する際に、『(0x10000300)製品が見つかりません』という内容のエラーポップアップが表示されてしまう問題に遭遇しました。

今回はエラー内容と解消方法についてご紹介します。

MonsterX U3.0Rを利用していて同じエラーにハマっている人の助力になれば幸いです。

MonsterX U3.0R 『製品が見つかりません』エラー

MonsterX U3.0Rを接続し使用する際に、以下のエラーメッセージが表示されて先に進めないという症状。

表示されない

エラーが発生しました:(0x10000300
MonsterX U3.0R 製品が見つかりません。

見つけろよ!!!!!!!って吠えてみましたが無反応。

黙ってエラー解決に着手します。

前提

まず注意点としてUSB3.0の接続であるか確認しましょう。MonsterX U3.0Rは、USB2.0では起動しません。

公式サイトでは、Intel製またはルネサス製のUSB 3.0が推奨されています。
ASMedia製、Etron製、FrescoLogic製、VIA製のUSB 3.0は、PCが不安定になる可能性があります。
Intel製またはルネサス製のUSB 3.0がPCに搭載されているかどうか、デバイスマネージャーで確認しておいてください。
(引用元はこちら

上記の確認方法ですが、Windows10の場合、Windowsボタンを右クリック⇒ [デバイスマネージャー] から確認できます。

[ユニバーサル シリアル パス コントローラー] から [Intel(R) USB3.0 eXtensible Host Controller] が見つかればOK([Renesas Electronics USB 3.0 Host Controller] でも可らしいです。どちらか確認できたらOK)

エラーが発生しました:(0x10000300)解決方法

デバイスを認識しているか確認するために先述と同じく [デバイスマネージャー] を開きます。

ところが、今回のケースでは、[サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー ] 配下に表示されるはずのMonsterX U3.0Rが表示されてませんでした。

これがなかった

インストールでコケたのか?と当たりをつけて、デバイスドライバCD-ROMをもう一度入れなおし、ドライバの再インストールを行ったところ、[サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー ] 配下にのMonsterX U3.0Rが表示されて、無事に解決しました!

 

……が、これだけでは終わりませんでした。

MonsterX U3.0R が 赤ランプ(異常)のままで緑ランプ(正常)にならない

赤ランプ

ドライバの再インストール後、接続完了し、デバイスマネージャーを見るとドライバを認識してる様子。

よかった、これでHDMIキャプチャできる……と思いきや第二のエラー!!

MonsterX U3.0Rの本来緑色ランプが点灯するはずの本体が赤ランプのまま変わりません。

まだゲームを起動しておらず、信号がないから? とも思い実際にPS3を起動したりしてみましたが変わらず。

MonsterX U3.0R付属のキャプチャーソフトも起動こそすれど、真っ暗でピクリともしません。

映像信号が検出されません

とのこと。
デバイスは認識してるけど、映像がそこまで流れてない?みたいなこと?

Windows10対応の最新ドライバをインストールしても、再起動しても治らずどうしたもんかとハマってましたが以下の記述を見つけました。

Windows 8/8.1/10の場合で、かつPCをシャットダウンすることがある場合は、高速スタートアップを無効にします。
同機能は初期設定で有効になっています。
設定方法については、121ware.comを参照してください。
(引用元はこちら

多摩川
ほーん

(何かよくわかんないけど、そういう邪魔が入ることがあるんやなー。程度の理解)

とりあえず参照サイトを確認して、Windowsの設定から高速スタートアップを無効にし、一度PCの電源を切り、再びパワーオン。すると、

緑ランプ

無事に緑色のランプが点灯しました!! よかったー!

同時にキャプチャーソフトの方も動き出しました!いえす!

キャプチャされたー

MonsterX U3.0R エラー解消 まとめ

ということで今回はHDMIビデオキャプチャー「MonsterX U3.0R」使用時にハマったエラーについてご紹介しました。

はじめての機材はハマりやすいとはいえ、結構苦戦して1時間くらいは悩んでしまいましたね。

今回のエラーさえ解消できれば、HDMIキャプチャとしては非常にシンプルで使いやすいので、今ではお気に入りです。

同じ内容でハマっている方の力になれれば嬉しいです。

今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です