ゲーム実況用のオーディオインターフェイスをオススメ3つ選んでみた【初心者向け】

おいすーおいすー。多摩川乱歩です。

一緒にゲーム実況やってる相方の明智くんが、今後はソロ実況もやっていきたいとのことで先日機材のお話をしたりしました。

明智
いつも二人で収録するときに“オーディオインターフェイス”とかいうのPCにつけてるじゃん?
多摩川
うん
明智
今更だけど、あれは一体なんなの? 必要なの?
多摩川
んー、教えない。
明智
え?
多摩川
ブログのネタにするからここでは教えない。

これがそのブログです。

もったいぶってスマンかった明智くんよ!

今回は相方(オーディオインターフェイスを知らない人)に捧げる、ゲーム実況に使用する『オーディオインターフェイス』についてご紹介しようと思います!
歌ってみたや弾いてみたも基本同じなんでご一緒に!

オーディオインターフェイスとは?

PCでオーディオを高音質で入力、出力が可能になる装置で音楽用のマイクやエレキギターなどの信号を扱えるようにするインターフェース。

歌ってみたやゲーム実況、ライブ配信など音声を重視するクリエイターには必須のアイテムとなっていて、実質これがないと音声の入力はできないんじゃないかみたいなやつです。

楽器と同じで値段もピンキリではあるが5000~30000円くらいが相場かと思います(幅が広すぎて参考になるか微妙ですが)。

どうやって使うの?

USB接続が一般的

オーディオインターフェイスの多くはUSBでPCに接続します。

USB接続したオーディオインターフェイスに対し、出力デバイス(イヤホンやスピーカー)を接続し音を出力したり、入力デバイス(マイクや電子楽器)を接続してPC側に取り込んだりして利用します。

接続例

簡単な接続例を図にしてみました。以下をご覧ください。

PCと入出力デバイスの間にオーディオインターフェイスが挟まれる感じっすね。

音量の調節などもオーディオインターフェイスが担うようになります。

オススメのオーディオインターフェイス3選!

使い方や用途も分かったところで、初心者にオススメのオーディオインターフェイスを多摩川さんの独断と偏見でご紹介しようと思います!
別にオーディオの専門家じゃないんで、玄人の方はコメントにて助言頂ければ幸いです。

UBEHRINGER U-PHORIA 1-Channel UM2

https://www.amazon.co.jp/dp/B00FFIGYOI?tag=mybest_presses_521-22

お値段3780円(!)の超コスパモデル。

音声入出力のシンプルな機能を搭載していて、とくにこだわりのないライトユーザーにはお財布にやさしい商品。

注意すべきは USB3.0に非対応とのこと。
このオーディオインターフェースに限らず、自分の作業環境で使えるかしっかり確認しましょうね!

QUAD-CAPTURE UA-55

https://www.amazon.co.jp/dp/B005175BEC/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_jKwoCbBWKXMSG

わたしが(あけたまが)使用しているものです。
超定番モデルで間違いのない一品。

ただ2019年1月現在価格がだいぶ上がっているようで5万円前後になってしまっていました!(多摩川さん購入当時は2万前後だったと記憶しています)

私はDTMも少々嗜みますが、エレキギターのライン撮り、仮歌の録音等々で困ることはなく、なんでもこなせる優等生IFです。

Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QY4RLRQ?tag=mybest_presses_521-22

王道DAWソフト『Cubase』でお馴染みSteinbergのオーディオインターフェイスっす。

実況、歌ってみたに必要な機能はもちろん、 DAWソフト『Cubase AI』のダウンロード版が同梱されており、購入から早速音いじりができるパッケージになってるみたいです。

まとめ

用途に合わせたものを手に入れよう!

いかがだったでしょうか。

一口にオススメといっても使っているPCやOS・作業環境でバラバラなので、購入の際は商品詳細をきちんと確認しましょう。

ことゲーム実況に関して言えば、ノイズなく実況音声を録音できれば必要十分かと思いますので「つまみ等がシンプル」で「自分の環境で使える」ことを意識していれば初心者は失敗しにくいのかなと思います。

多摩川さんの一押しはこれ!

明智くんへのオススメになりますが、上記の3点の中だと「UR12」あたりが良いんじゃないかなと個人的には思います。

値段も8000円前後で比較的安価ですし、実況で出来ることは間違いなくできる上、Cubaseもついてるんで簡単な作曲くらいならできるはず。

WindowsでもMacでも使えるし小さくてシンプル、まさに入門モデルっすね。

ということで簡単ではありますが、おすすめオーディオインターフェイス3選でした!
明智くんが良い買い物できますように!

今回はここまで!
次回もよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です