実況ユニット『あけたま』とは

【ゲーム】『ポリーロール ザ・ローリング・バグ』レビュー

ども、明智です。

 

今回はニンテンドースイッチで配信されているレトロ風2Dアクションゲーム

ポリーロール ザ・ローリング・バグ

のレビューをしていこうと思いますよ。

 

ポリーロール ザ・ローリング・バグ』ってどんなゲーム?

アメリカのゲーム制作会社「HOF Studios」が開発。

2019年10月31日にニンテンドースイッチやSteamで配信開始。

ソニックシリーズを彷彿とさせるレトロ風な2Dアクションゲーム。

ゲームの概要

面クリア型の一人用モードのみ。

基本操作はジャンプと転がり体当たりのスピンアタック、その場で力を溜めて飛び出すスピンダッシュの三つでとってもシンプル。

スピンで壁をバウンドしながら登ることが出来る三角跳びや、敵を踏みつける瞬間にジャンプボタンでより高く跳ぶハイジャンプを駆使しなければ進めない場面もある。

 

体力制で、ステージ中に散らばっているジェムを一定数集めるとハートがひとつ回復する。

フラワー」にアタックすると中のアイテムを獲得できる。

フラワーから獲得できるアイテムにはジェムの他、バリア無敵がある。

バリアは数種類あり、ダメージを一度防ぐほかにいくつかの追加効果を発揮する。

・ジャンプ後に滑空できる「羽バリア

・トゲを無効化できる「トゲバリア

・ジャンプ中に真下に爆弾を投下し、固有のブロックを破壊できる「ボムバリア

・近くのジェムを引き寄せることが出来る「磁石バリア

 

ストックの概念はなく何度でもリトライできるが、ステージ中に中間ポイントは存在せずミスしたら必ず最初から。

ステージ名は「シーフォーム・エーカーズ」のように「(エリア名)(番号)」となっており、エリア毎の最後のステージにはボスが待ち構えている。

ボス戦でミスした場合ボス戦から再開できるが、一度ステージから出るとまたステージの最初からになる。

 

ステージをクリアするとボーナスゲームに突入、その場でスピンダッシュをし、止まった位置の床に描かれたアイテムを獲得できる。ほとんどがハズレ床なので、チャージをうまく調整する必要がある。

 

隠しアイテムとして、各ステージには3つのクリスタルが隠されている。

一定数集めるとワールドマップの閉ざされた扉が開き、新しいエリアや、ハートの最大値を増やす「ハートパレス」への道が出現する。

 

エリア紹介

エリア1 シーフォーム・エーカーズ

緑豊かな草原。ヒント看板が設置されており、基本操作を学ぶことが出来る。

ソニックシリーズのグリーンヒルにそっくり。シーフォームも色の名前なのでやっぱり意識しているのかも。

エリア2 ワジェット・アイランド

機械仕掛けの島。ベルトコンベアやピストンが行く手を阻んでくる。

 

エリア3A ファイアX

火山地帯。所々で火柱が吹き出したり、空圧で進むボートでマグマを渡ったりとスリル満点。

 

エリア3B パルチーズ・テンプル

砂漠の神殿。流砂の中を潜って進み、暗い迷路のような遺跡の中を駆け抜ける。

クリスタルを集めていないと解放されない。

 

エリア4 マーブル・ミュージアム

神秘的な建物。トゲ付き鉄球や転がる水晶玉など、丸いものに溢れた不思議な空間。

 

エリア5A ウッドワーク

改造された森林。なにやら建造中の森の中は危険でいっぱい。いかだで川を渡ったり、ひたすら大樹を登ったり。

 

エリア5B デジタル・マインド

電子機器の内部のような空間。パイプの中を高速移動するなど、ソニックの終盤ステージをオマージュしたようなエリア。

クリスタルを集めていないと解放されない。

 

エリア6 ダイス・パレス

カジノのような館。足場がサイコロやチップなど賭け事の道具に。見えない床を勘で渡るさまはギャンブラー。

 

エリア7 ポリロリヨポリス

夜のハイウェイ。足場が信号機になっている。赤は止まれ、緑は進め。急ぎすぎて事故を起こさないように。

 

エリア8A フローズン・デザート

氷と雪の山道。洞窟の中では、降り注ぐ氷柱を避けながら慎重に進んでいこう。

 

エリア8B スカイブリッジ

空中庭園。落ちたらひとたまりもない空の旅。超スピードで氷のコースターを駆け抜けていく。

クリスタルを集めていないと解放されない。

 

エリア9 キィウィ・キャッスル

キィウィ皇帝の城。トゲとマグマだらけのいかにも大ボスのステージといった感じ。

 

エリア10 ダーク・ダンジョン

城の牢獄。捕らわれた仲間を救うため、これまでのテクニックを全て駆使する試練に挑む。

クリスタルを集めていないと解放されない。

 

エリア11 シタデル・アセンション

城からの脱出。せりあがるマグマから逃げながら、崩れる床を乗り継いで塔を登る。

頂上では仲間たちの仇、キィウィ皇帝との最終決戦。

 

EXエリア ハートパレス

制限時間以内に高難易度のステージをクリアせよ。クリアするとハートが1つ増える。

全部で3つ存在し、いずれもクリスタルを集めていないと解放されない。

どことなく「ソニック&テイルス2」のスペシャルステージを思い出させる。

 

明智ピロシキのレビュー

面白さ  ★★★☆☆
難易度  ★★★★☆
ハマり度 ★★☆☆☆

「ゲームギアのソニックっぽい!」

まず、スクリーンショットを見た時にビビっときましたね。

新手のスタジオ制作の2Dアクションゲームって玉石混合なんですけど、このゲームは当たりでした

 

ソニックみたいな操作感で、ギミックいっぱいの骨太アクション。スピード感もしっかりソニック並でいい感じです。

三角跳びやハイジャンプは慣れるまでちょっと難しいですが、出来るようになるとこれがまた気持ちいいんですよ!

キャラの挙動が操作としっかりシンクロするからでしょうね。アクションゲームでこれは超重要。

 

難易度は全体的に高め。ソニックと違って体力制なので、何も考えずにウェーイと走っているとすぐ死にます。

ジェムは余るほどあるように思えて、案外欲しい時に出てこなかったりするのが絶妙なバランスです。

 

明智のオススメポイントはボス戦。

どれも歯ごたえがあって結構死ねるんですが、アクションゲームでありがちな敵の長ーいモーションを待ってダレるみたいなことはなく、サクサクテンポよく戦えるので、リトライによるストレスは少なめです。

ただしこのゲーム何度でもリトライできるのはいいんですが、決まってハート1からの再開なので、ボス戦でジェムがほとんどない場合だとかなり厳しいです。そこが改善されるともっと良かったかな。

 

やり込み要素のクリスタルですが、普通にプレイしていると全然集まりません。

とはいえ、いざ集めようと思えば結構集まります。隠し場所も慣れると予想がつくようになりますね。

まだ全て集めきってはいないので、コンプリート特典が何かはまだ知りません。

2020/6/21 追記

コンプリートしました。何も起きませんでした。コンプ後に最終ボス倒すと別展開、とかもありませんでした。

集めるのは面白かったけどね。ちょっと、いやかなり残念。

 

ほとんど話題にならなかったゲームですが、明智的には十分楽しめました。

メガドライブ、ゲームギアのアクションゲームが好きなら遊んでおいて損はないでしょう。

予想してたよりボリューム満点で長く遊べたし、ビジュアルも曲も好みの感じでした。

ワジェット・アイランドの曲は中毒性ありです。

もしタイムアタック、スコアアタック、ハードモードなどの遊びが追加されればもっと遊べそうですね。

 

以上、ポリーロール ザ・ローリング・バグ』のレビューでした。

今回はここまで、次回もよろしく!

関連コンテンツ

シェアしてくださると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA