実況ユニット『あけたま』とは

Twitterに制限時間をかけたら、時の流れを実感して戦慄してしまった男

おいす、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

今月は一ヵ月でブログを100記事書くとかいうバカ企画に挑戦中なのですが、8月も3分の1が経過した現在、後悔しかありません。

この記事も「FXで有り金全部溶かした人の顔」みてえなツラで書いてます。

ブログを100記事も書くっていったら、普段の生活から何かを削減しないことには時間を捻出できません。

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない」と、かの有名なエドワードエルリック氏もそう仰っていました。

ってなわけでブログの執筆時間を錬金するために、スマホアプリに制限時間をかけてみたんですよ。
iPhoneだと[設定] > [スクリーンタイム] > [App使用時間の制限] ってので設定できます。

 

 

 

(多分Twitterとか漫画アプリに時間を取られてるんじゃねえかな。。。とりあえず1日の制限時間を15分ずつにしてみるか。)

 

 

(よし、設定完了したしちょっとだけTwitterでも見るか…。制限時間あまり使わないようにサッと切り上げよう…)

 

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

時計を見る私、確かに15分経っている。

 

これ試してほしいんですけど、誇張じゃなくマジで一瞬なんですよ。15分。

 

頂いた通知確認して、タイムラインをサッと見て、引用RTして、で15分。

制限時間を示す黒い画面に「Twitterで15分一瞬で溶かした人の顔」が反射して映り込むわけですよ。

 

いやマジで戦慄ですよね。こんな一瞬なの?と。

15分でこの感じだとすると、1日スキマ時間合わせたら2時間くらいTwitter見ちゃってたんじゃねえかなと思って。

僕多分10年くらいTwitterやってるんですけど、1日2時間見てたとしたら10年で7300時間。304日?

 

25年の人生のうち、約1年くらいTwitterに使っちゃってたわけです。

ねえもう怖い話じゃん。

 

 

↑買いました。

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない」

ってことでTwitterは1日15分だけにします。

8月はTwitter低浮上になるかもですが、そん時は「ブログ書いてるんだな~~」と思ってください。

140字じゃおさまらない気持ちを書き綴って、必ず100記事達成してみせるからよ。応援してくれよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

エモい動画を作ります。ニコニコ・Youtubeを中心に活動するゲーム実況ユニット「あけたま」のたまの方。可愛いものが好き。おしゃべりクソ野郎。ゲーム実況、ブログ、動画制作などを中心に発信したりします。