Wikipediaでランダムなページに飛ぶ機能が面白すぎて一生読める【おまかせ表示】

調べ物のとき必ず使うWikipedia

検索対象が決まっている状態で使用することが多いこのサイトですが、実は記事をランダムに選出して表示してくれる「おまかせ表示」という機能があるのをご存知でしょうか?

知的好奇心旺盛な方はハマること間違いなし。面白いんで騙されたと思って試してみてください。

Wikipedia「おまかせ表示」の使い方

 

PCサイトならサイドバーに「おまかせ表示」。

 

wikiおまかせ表示

 

スマートフォンなら左上のメニューから「おまかせ表示」で、記事をランダム表示することが可能です。

また、以下のリンクからでも同様のランダム選出が可能です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Special:Randompage

Wikipediaのランダムページ機能はずっと読めてしまう

実際におまかせ表示してみる

試しに僕が10回「おまかせ表示」をしてみた結果を並べてみます。

まともに知ってるの『カモフラージュ』くらいでしたね。
ディアン….何???って感じでしたが、セネガルのプロバスケットボール選手とのこと。へー。

ポジションはPF。207cm、98kg。

身長207cm?????
その体格だとほとんどクマじゃねえか。

知的好奇心をくすぐるランダム表示

上記の結果の通りなのですが、実際にやってみると90%くらい知らないことなんですよね。

この歳になって、生きるのに困らないくらい色々なことを知ってきたのに、自分の知ってることなんてマジで氷山の一角に過ぎないなと打ちひしがれるわけです。

知らない事柄についてパラパラと読んでいくだけでも、なんとなく自分の見識が広がっているような気がして気持ちいいんですよね。頭良くなった気分に浸れます。

ゲーム実況者的にはネタ集めや語彙力強化のいい練習になるのではないでしょうか。

Wikipediaの「おまかせ表示」が面白い まとめ

ということで今回はWikipediaのおまかせ表示が面白いぞ、ということでお話してみました。

全然ゲーム実況とかと関係雑記なんですけど、ダラダラTwitter見たり、情報をシャワーみたいに浴びまくりたい人にはマジでオススメです。割とガッツリ時間溶けます。

ぜひ「おまかせ表示」ボタンを押してから、ページを読み込んでいる間のワクワク感を感じてほしいですね。ガチャ回してるみたいなあの気持ち。

小さい頃、特に調べ物があるわけじゃないのに国語辞典とかをパラパラ読むのが好きだった人はめちゃくちゃハマるホビーだと思うので、気になった方はぜひ試してみてください。

短いですが、今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です