実況ユニット『あけたま』とは

【ポケモン剣盾】嫁ピのガラル旅レポート その10

 

思い出を今こそ解き放つ! エンディング目指してスパートかけようぜ!

嫁ピのガラルレポ第十回。バッジ集め後半戦がスタートです!

15.ピンクの悪魔

ドウーン!!

いきなりですが、ラテラルタウンのジムの裏手にあるガラルの古代遺跡の壁を、ビート君がでっかいゾウみたいなポケモンでぶっ壊そうとしています。

遺跡調査に来ていたソニアは怒り心頭!

「ねがいぼしを集めて、委員長に認められるのです!」

ローズ委員長に気に入られるためにやっているらしいが、逆にこんなことしたら怒られちゃうんじゃないの?

嫁ピ

ほら、バトルしようか。

おう。頼もしい我らが嫁ピ。ビート君をポケモン勝負で無事黙らせました。

 

騒ぎを聞きつけたローズ委員長と秘書のオリーヴさんも現場に駆け付け、ローズがめずらしく怖い顔をしてこう言い放ちます

「ビートくん、残念です」

なんと、ビートはジムチャレンジ失格を言い渡されてしまったのでした。

せっかく集めたねがいぼしも回収されてしまい、散々な目に合うビート君。結構容赦ないんですね。

 

ローズたちが立ち去ると、遺跡が音を立ててガラガラと崩れ落ち、中からなんと隠されていた伝説のポケモン像が姿を現しました。

「剣と盾はそれぞれ別のポケモンで、英雄は二人いるんだ!」

興奮するソニアさん。

これは英雄伝説を伝えるものとしてはかなり古い部類なので、ナックルシティの宝物庫のタペストリーの物語はより真実味を増したとのこと。

「あなたのおかげだよ!」といつもどおりげんきのかけらをくれました。でもこれビートのおかげだよね。

 

その後、ラテラルタウンの屋根の上でマラカッチを欲しがっているおじさんと「ギョロギョロ」というニックネームの「ベロバー」を交換してもらいました。

嫁ピ

ちょっとかわいいかも

なかなか好感触のようで、試しにパーティーメンバーに加えます。

 

しかもこのギョロギョロ、最初からそれなりに育っており、レベルアップしたらすぐに進化しました。

これが進化後の「ギモー」です。

嫁ピ

またお前もグレるのかー!

エレズンからのストリンダーもそうでしたが、今作のポケモンは進化すると不良っぽくなるね。

しかしこのビジュアル系のような姿、いよいようちのバンドにもボーカルらしい奴が入ってきたね!

新たな仲間をパーティーに加えて、次の目的地アラベスクタウンに向かいます。

 

16.フェアリーのジム

ラテラルタウンの北東からルミナスメイズの森に入ってきました。

ポケモン恒例の森ダンジョンですね。

森は薄暗く、道が見えづらくなっています。光るキノコが無数に生えており、その周りはかろうじて明るいようです。

嫁ピ

どこいけばいいかわかんないよ~

ただでさえ方向音痴な嫁ピです。迷路のような地形と暗さで道がわからずパニック状態。

道端のトレーナーとの勝負で体力を削られ、満身創痍の嫁ピ。

いったん体制を立て直そうと「そらをとぶ」で町に帰ろうとしますが…

 

ここではつかえない!

 

そう、ダンジョンでは「そらをとぶ」で移動ができない仕様なんです。

嫁ピ

およよ… 一生ここから出られないよ…

半泣きになりながら、一か八かだ!と開き直り、闇雲に道を突き進む作戦に出る嫁ピ。

そのとき明智は思っていました。

(この光るキノコ、触れば道を照らしてくれるんじゃないかなぁ)

ゲームあるあるですよね。でも黙って見守っていました。

 

ようやく森を抜け、アラベスクタウンに到着。キノコの光で輝く神秘的な町ですね。

ここのジムリーダーは、ポプラおばあちゃん。

この日記では省きましたが、ラテラルタウンまでの道のりで何度か姿を見せ、思わせぶりなことを言っていました。

さてその実力やいかに。

 

クイズ好きらしいポプラのジムミッションは、バトル中にクイズが挟まります。

「フェアリータイプの弱点は?」といったまともなものから、

「わたしが毎朝食べているメニューは?」という、知らんがなというものまでさまざま。

クイズは正解すると能力アップボーナスがありますが、不正解だと能力ダウンで不利になります。

 

そしてリーダーであるポプラ戦でもクイズが挟まります。これはちょっと新しい。

しかもそのクイズが超いじわる。

「私の年齢は?」というクイズで、選択肢は「16歳」か「88歳」。

うーん???

まぁ、さすがに16歳は失礼だから普通に88歳って答えよう。嫁ピとも意見が一致。

「答えとしてはあってるけどね、対応としては間違いだよ」

まさかの不正解。貴様~~~フェアリーは永遠の16歳とか言うんじゃないだろうな???

(ってか88歳でジムリーダーってのもすごいな)

クイズは間違えたが、バトルには勝たせてもらおう。

キョダイマックスしたマホイップを安定のヨルノズク先生で沈めて勝利。

 

ポプラはこのジム戦を後継者選びのオーディションとしても考えていたようですが、どうやら嫁ピはその眼鏡に適わなかったよう。

こんなおばあちゃんの下につくのも大変だろうなぁ。

なにはともあれ5つ目のバッジを手に入れた!やるじゃん!

 

今回はここまで、みんなもポケモンGETだぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です