実況ユニット『あけたま』とは

【Davinci Resolve 16】対応ファイル形式一覧!読み込めないファイルはどうすれば?

ども、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

多摩川

Davinci Resolve 16で動画編集したいんだけど、.tsファイルが使えない!何で!?

今回はDavinci Resolve 16で読み込むことのできる対応ファイル形式について解説します。

本記事の内容

  • Davinci Resolve 16 で読み込める対応ファイル一覧について
  • Davinci Resolve 16 で読み込めないファイルはどう編集すればよいのか?

例えば、.tsファイル.wmvファイルなどはDavinci Resolve 16で読み込むことが出来ません。

Davinci Resolve 16で読み込むことのできる対応ファイルを把握することと、読み込むことのできないファイルについてどう扱ったらよいかをまとめていきます。

【Davinci Resolve 16】対応ファイル形式一覧!

Davinci Resolve 16で読み込むことのできる対応ファイル一覧については、制作元のblackmagic design社が提供しているDavinci Resolve 16の英語版ドキュメントに記載されています。

対応コーデック表はこちら↓
https://documents.blackmagicdesign.com/SupportNotes/DaVinci_Resolve_16_Supported_Codec_List.pdf

多摩川

細けええええええ!しかも英語!!!!!読む気無くなってしまううううううううう!!!!

ということで、↑の表を参考にDavinci Resolve 16で読み込むことのできる対応ファイルをわかりやすくまとめました。

【Davinci Resolve 16】読み込みできるファイル拡張子一覧!

動画ファイル

扱える動画ファイル形式

  • lmf
  • mov
  • mxf Op1A
  • mxf Op-Atom
  • braw
  • mts
  • cri
  • avi
  • mp4
  • dcp
  • mj2
  • m2ts
  • mxf Op1B
  • SHV
  • vrw
  • cine
  • r3d

静止画(画像)ファイル

扱える静止画(画像)ファイル形式

  • cdx
  • cin
  • crm
  • rmf
  • cr2
  • dng
  • dpx
  • exr
  • heic
  • j2c
  • jpg
  • nef
  • png
  • psd
  • tga
  • tif

音声ファイル

扱える音声ファイル形式

  • wav
  • aiff
  • mp3
  • aac/m4a
  • flac
  • mov
  • mxf
  • r3d
  • mp4
  • avi
  • etc
  • mov

※動画ファイルに含まれる音声ファイル拡張子も重複記載しています。

aviやmp4など、日本でも代表的な動画形式はしっかり対応していますが、tsやwmvなどは非対応。

私としてはゲーム実況を収録するにあたって、AverMediaのビデオキャプチャーで録画時 .tsファイルでかき出されるため、そのままDavinci Resolve 16で読み込むことができませんでした。困った…。

【Davinci Resolve 16】読み込めないファイルはどう編集すれば良いの?

Davinci Resolve 16で読み込めない・対応していないファイルについては、一度対応形式に変換してやる必要があります。

動画形式の変換については、下のような方法があります。

  • AviUtlのような動画編集ソフトで変換する
  • 変換ツール・サービスを利用する

AviUtlで変換する

例えば「Davinci Resolve 16」同様フリーの動画編集ソフト「AviUtl」であれば、入力プラグインの設定ファイルに拡張子を追加してやるだけで、扱えるようになります。

関連 ≫【AviUtl】tsファイルを扱えるようにする【mp4エンコード】

.tsファイルwmvファイルなどのDavinci Resolve 16で読み込むことのできないファイルを一度AviUtlでaviやmp4形式にエンコードしてやることで、Davinci Resolve 16で読み込み可能な形式に変換できます。

もちろんAviUtlでなくても、他の動画編集ソフト(エンコードツール)で、Davinci Resolve 16で読み込み可能な形式に変換できればOKです。

外部の変換ツール・サービスを利用する

mp4やavi形式に変換してくれる外部ツールを使う方法もあります。

例えばwmvであればオンライン上でmp4に変換してくれるアプリケーションがあります。

「wmv to mp4」や「ts to mp4」などで検索することで、動画をmp4形式に変換してくれるツールを見つけましょう。

変換したmp4動画であればDavinci Resolve 16にて扱うことができます。

【Davinci Resolve 16】対応ファイル形式一覧!読み込めないファイルはどうすれば? まとめ

今回はDavinci Resolve 16で読み込むことのできる対応ファイル形式について解説しました。

Davinci Resolve 16でも主要なファイル形式は一通り扱えるんで、あんまりニッチな拡張子でなければ普通に使えるはず。movとかも含まれてたんでiPhoneで撮影した動画なんかもそのまま取り込めます。

とはいえ個人的に.tsファイルを頻繁に使うので、いちいちmp4などに変換挟まないといけないのはちょっと面倒ですね…。その辺の形式の融通についてはAviUtlの方に軍配があがりそうな気配。

当ブログでは他にもDavici Resolveの情報をまとめています。気になった方はぜひチェックしてみてください。
≫Davinci Resolveの使い方

今回はここまで!
次回もよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です