【ポケモン剣盾】嫁ピのガラル旅レポート その5

ども、明智です。

ポケモンボックスがクラウドサービスに!? ポケモンHOMEがサービス開始しましたね。

俺のダイアモンドからも(かなり頑張れば)ポケモンたちをガラルに連れてこられるみたい。科学の力ってスゲー。

それはさておき久々の更新、第五回です。

7.進化

第一のジムのある町、ターフタウンを目指して3番道路に繰り出した嫁ピ。

道中では次のジム戦で活躍できそうなガーディをGET! 知ってるポケモンだと出会ったときのテンションが違いますな。

ヤンチャムとかヒメンカには素っ気ないのに、ロコンを見つけるとはしゃいでましたからね。

 

そのまま道なりに進むと、ローズ委員長の会社がエネルギー源となる鉱物を採掘している「ガラル鉱山」に到着。

じめん・いわタイプが多く生息するエリアなので、くさタイプのサルノリや、みずタイプのハスボーが大活躍。

次々と湧き出すポケモンたちを蹴散らしていくと、、、おや? サルノリの様子が…

サルノリの体が光に包まれる。お馴染みのジングルも鳴り出した。そう、いよいよ進化の時。

「え? えっ!? サルノリ進化するの? やだ進化するの? かわいくなかったらどうしよう~」

どうした、落ち着いてくれ。お前が信じたサルノリじゃないか。

初めての進化に動揺を隠せない嫁ピ。頼むからBボタンだけは押してくれるなよ。

やったー! サルノリは バチンキーに 進化した!

「なんか、かわいくない…」

嫁ピはテンションが下がった!

そしてハスボーも、無事にハスブレロに進化したのだった。 嫁ピ「コイツもかわいくなーい!」

 

さてさて、ダンジョンの歩き方も様になってきた嫁ピは、アイテムもしっかり回収して鉱山の出口へ到着します。

しかし出口の前にはどこかで見覚えのあるピンクの人影が。

エンジンスタジアムで見かけていた、なんだか生意気そうな同期チャレンジャー君ですね。

名前はビート。ボルシチによく入っている赤い野菜の「ビーツ」が由来でしょうかね。

大会委員長、つまり大会で一番偉いローズに推薦された自分はお前より偉いんだとマウントをとってきます。

よっしゃバチンキー、こいつの鼻をへし折ってやろうぜ。

バチンキーは普段は髪留めのように頭にさしている木の枝を、戦うときは両手に持って戦います。

両手に木の枝を持ち、リズムに合わせるように体を揺する様はさながら和太鼓奏者のよう。

「えだづき」や「ダブルアタック」を繰り出して、ビートのポケモンたちを軽くいなしてやりました。

 

「バチンキー、なんか両手にバチみたいの持ってていいじゃんねぇ!」

自身も和太鼓奏者である嫁ピは、なんだかんだでバチンキーが気に入った様子。よかったなぁ。

ビートは負け惜しみを言って去っていきました。どうやらねがいぼしを集めているようです。何を企んでいるのやら。

8.くさ のジム

鉱山を抜けると、開けた視界にターフタウンの大きなジムが姿を見せました。あともう一息だね!

道中様々なポケモンが走り回っているのですが、ラクライがやたら素早くてしつこく追いかけてくるのが怖すぎです。

ラクライから逃げ回るように草むらをあっちこっち走っていると、イーブイに遭遇! これは捕まえたい!

と思ったらなんと出てきたのはイーブイ、のコスプレをした女の子でした。

ポケモンごっこ……、お前が嫁ピと俺に与えたダメージは罪深いぞ。

 

さっきはびっくりがっかりしましたが、ちゃんと本物のイーブイも近くの草むらに潜んでいました。

「嫁ピはどれに進化させるの?」

「みずのやつ、シャワーズがいい! ブラッキーでもいいかな」

さっそくパーティーに加える嫁ピ。まだシャワーズに進化させる「みずのいし」は持っていないので、それまではイーブイのまま戦ってもらいましょう。もしかしたら先にブラッキーに進化するかもしれないけれど、それはそれで楽しみだよね。

 

さて、ついにターフタウンに到着です。

町の入り口でホップ君に遭遇、どうやらいまはジムチャレンジャーがいっぱいで順番待ちみたいです。

もうちょっと分散できるように好きな順番で挑めるようにした方がよくないかい?

いままのシリーズでは設定上は挑む順番自由だったよね? リーダーたちは挑戦者のバッジの数を見て相手に実力を合わせてさ。

丘に描かれた謎の地上絵についてソニアさんと問答したりしてどうにか時間を潰し、ようやくジムに入れました。

ジムにはそれぞれ特色のあるジムミッション(ミニゲームのようなもの)が用意されており、このターフジムでは羊追いならぬ「ウールー追い」をやらされることになります。

「ベイブみたいだね!」とはしゃぐ嫁ピ(古い例えだね~汗)。途中でワンパチが邪魔してきてりして苦戦しながらもミッションを無事クリアしました。

試練のエリアの先は、大観衆が待つポケモンスタジアム。会場は緑のユニフォームや旗で埋め尽くされてます。

今回のジム戦はめちゃくちゃ演出が凝ってますね。

そして最初のジムリーダー、くさタイプつかい「ヤロー」とのバトルがスタートしました!

頑張ろうぜ、嫁ピ!

 

嫁ピはガーディを繰り出し、得意なほのお技でガンガン攻めます。あっというまに一匹目のヒメンカを沈めました。

ヤローは二匹目のワタシラガに交代、こちらはココガラが進化したアオガラスに交代します。

ひこうタイプなのでこちらも相性は勝っていますね。いいぞいいぞ~。

さて、ここでヤローが渾身のダイマックスを仕掛けてきました、巨大化するワタシラガの迫力に思わず圧倒。

こちらも負けじとダイマックスだ! でかくなるアオガラス。自然と嫁ピの声もでかくなります。夜遅いから落ち着いて…。

どうでもいいけど、スタジアムとカラスと青の組み合わせって、Jリーグみたい。

アオガラスのダイマックス技「ダイジェット」が炸裂し、ワタシラガも撃破。

思ったよりもあっさりジムリーダーに勝利しました! 相性を合わせられたのが良かったな。

そして念願の初バッジとなる「くさバッジ」をGET!

バッジ名考えるの諦めたんかい!と思わずツッコミを入れる明智ですが、嫁ピはほくほく顔なので、まあ良しとしましょう。

 

バトルも手馴れてきた様子の嫁ピ。パーティーも進化してきて頼もしくなってきました。

次の目的地はここから東のバウタウン。ジムリーダーのルリナが待ち受けます。

しかし嫁ピは相手のタイプを忘れてしまったようです。教えてあげないよー。

嫁ピの冒険はまだまだ続く。続くったら続く。

今回はここまで、みんなもポケモンGETだぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です