実況ユニット『あけたま』とは

「GifCam」の使い方!超簡単にGIFキャプチャーできるフリーソフト

 

ども、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

多摩川

Twitterやブログでgif画像を使いたいけど、作り方が分からない……

gifに悩めるgif難民の皆様、こんにちは。
「gif」の事を20年間「ギフ」って読んでました多摩川乱歩です。(正しくは「ジフ」らしいです)

ブログを書き始めてからgif画像を使いたいシーンによく出くわします。
特に動画制作系の記事を書くときなんかは動きを見せたいので必須になるっすねえ。

今回は簡単にGIFキャプチャーができる「GifCam」というフリーソフトについて紹介したいと思います!

超簡単にGIFキャプチャーできるフリーソフト「GifCam」とは

GifCamはデスクトップを動画キャプチャして、gif画像として出力してくれるフリーソフトです。WindowsXP/Vista/7/8/8.1/10に対応しています。

(ちなみにmacの場合は類似ソフトで「Gifted」ってのがあります)

デスクトップをキャプチャして下のようなgif画像を作成できます。
以下は例として、GifCamでGifCamを使用しているところをGIFキャプチャしてみました。

▲GifCamではこういうのが作れます

GifCamのダウンロード方法

ブラウザで「GifCam」と検索しフリーソフト紹介サイトを利用するか、制作者様のブログに飛んで最新バージョン(ここでは5.1)を確認後、zipのダウンロードボタンを押せば完了です。

せっかくなのでgif画像で説明しちゃいます。

「Pay Now」やVISAのマークなんかがあって「えっ有料……?」って一瞬ビビるんですが、「よかったら援助金よろしくねー」みたいなメッセージなので無視してOK。

普通にダウンロードボタンを押せば普通にzipファイルをダウンロードできます。

GifCamの使い方

アプリケーションを起動すると先述したようなキャプチャウィンドウが表示されます。

gif画像にしたい動画ファイルやデスクトップの動きを、このウィンドウに収めて
【Rec】(録画開始)

【Stop】(録画停止)

【Save】(出力)
とすればあっという間にgif画像完成です。

シンプルな見た目で動作も軽く非常に使いやすいです。

GifCamでの録画設定

【Rec】ボタンの横のプルダウンから録画に関する設定が可能です。

New 新規作成
Open gifファイルを開いて編集
10 FPS 1秒間に10コマ録画
16 FPS 1秒間に16コマ録画
33 FPS 1秒間に33コマ録画
Full Screen フルスクリーンで録画
Capture Cuesor カーソルも含めて録画
Customization 詳細設定
(使用メモリや窓サイズの手打ちなど)

FPSを上げれば滑らかな動きになりますが、録画時間は短くなります。
逆に下げれば滑らかさは落ちますが、録画時間は長く撮ることが可能です。(録画時間はキャプチャするウィンドウサイズによっても変動します)

10fps
16fps

 

33fps

GifCamの編集機能

Frame クリックすると1枚分フレームを保存する。
一枚一枚並べてgifにできる
Edit 撮影したフレームの編集
(文字入れとか出来る)

Frameで一枚撮影すると自動的に次のフレームに追加する形で連続撮影出来るので、パラパラマンガ風のアニメーションを作成したりするのに重宝しそうっすねえ。

Edit機能ではサイズの変更や簡単なテキスト入れなどが可能ですが、あんま使ったことないです。

GifCamでの出力設定

【Save】横のプルダウンから出力に関する設定が可能です。

Quantze 高画質出力
(基本これでいいんじゃないかな)
Nearest Quantzeの次に高画質
256 colors 256色
20 colors 20色
GrayScale グレースケール
Monochrome モノクロ
Custom 彩度の設定して保存が可能
Preview 録画した動画のプレビュー
Profile フレームの情報を表示
Export To AVI AVI形式で動画を保存
About AboutGifCamのバージョン情報を表示

 

オリジナル画像
Custom

元画像と比較するとムラっ気があるものの、Quantzeであればそこそこオリジナルに近い感じで発色されますね。

個人的にですが、プレビュー機能で確認するなら、もうgifで出力しちゃって確認した方が速いですし手間が省けるかと思います。
gifのエンコードならそれほど時間もかからないので。

「GifCam」の使い方!超簡単にGIFキャプチャーできるフリーソフト まとめ

今回はGIFキャプチャーソフト「GifCam」についてご紹介します。

Aviutlで動画を作ることがほとんどなので、gif出力できるプラグインを導入してみたのですが、思うように出力できず困ってました。
(動画速度が狂ったり、発色にバグがあったりした)

2021/6月 追記

現在はAviUtlでも不具合なくGIF読み込み・出力できるようになっています。詳しくは以下の記事で解説しています。

≫【AviUtl】GIFアニメーションの読み込み・出力をする方法!動画をgifに変換可能!

gif変換サイトも利用してみましたが、使い勝手も品質も悪くどうしたもんかなあと行きついた先がこのソフトです。

ブログやTwitterに乗っけるgif画像に関してはこれで十分だなって印象です。操作もシンプルで処理も早いので言うことなしだ。満足満足。

動きのある画像が入るとやっぱり目を引きますし、読者の方にも伝わりやすいっすね。
簡単に出来るので動画メモシリーズ始め、これからこのブログでもガンガン使っていこうと思います。

当ブログでは他にも創作活動が捗る便利なツールや機材について紹介しています。参考になれば幸いです。
≫便利な機材・ツール、Webサービス

Twitterでも動画制作やゲーム実況に関するツイートを発信しています。
≫あけたまWorks【動画編集ハウツー】Twitter

今回はここまで!
次回もよろしく!

関連コンテンツ

シェアしてくださると嬉しいです!

コメントを残す

ABOUT US

多摩川乱歩
ゲーム実況、ブログ、動画編集のハウツーなどを中心に発信しています。 動画編集歴7年目。ブログ運営4年目です。ゲーム実況者コンビ「あけたま」で動画投稿中(ニコニコ動画・YouTube)。 動画をカッコよく編集したい!面白いゲーム実況を撮りたい!好きをブログで発信したい!という方を応援するコンテンツを作っていきます。