実況ユニット『あけたま』とは

【AviUtl】GIF画像が動かない?gifを動画として読み込む方法

どうも多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

多摩川

AviUtlで.gif画像を読み込みたいけど、画像として認識されて動かない!

動画として扱えるようにしたい!

例えば↓のようなGIF画像があるとして、

AviUtlに取り込みたい時、普通にドラッグ&ドロップしても「画像オブジェクト」として読み込まれてしまい、アニメーションしてくれません。

一体どうすれば。。。

 

【AviUtl】GIF画像が動かない?gifを動画として読み込む方法

GIFを動画として扱いたい時は、入力プラグイン「L-SMASH Works」の、設定ファイル(exebit.ini)を変更することで可能です。

結論: exebit.ini のGIF設定を修正しましょう!

exebit.iniを変更し、GIFを動画として扱う方法

まずは自身のAviUtlフォルダにある [exebit.ini] をメモ帳で開きます。

ファイルの記述に 「.gif = 画像ファイル」があれば、AviUtlはGIFを画像オブジェクトとして認識します。

これを「.gif = 動画ファイル」に変更し、上書き保存します。

AviUtlを再起動すると…

じゃん。

タイムラインにドラッグ&ドロップしたGIF画像が、「動画オブジェクト」として認識され、メインウィンドウでもアニメーションするようになりました!

 

【AviUtl】GIF画像が動かない?gifを動画として読み込む方法 まとめ

今回はAviUtlでGIF画像が動かないとき、GIFを動画オブジェクトとして読み込む方法を紹介しました。

最初GIFが動かないのに焦って、『GIFを一回キャプチャーして、mp4とか置き換えないといけないのかなー』とか面倒なことを考えてしまった多摩川さんでした。

今回の方法は、AviUtlがデフォルトで対応していない拡張子への対応にも応用できます。

関連記事≫【AviUtl】tsファイルを扱えるようにする【mp4エンコード】

読み込みが上手くいかない拡張子がある場合は、今回の方法をぜひ試してみてください。

当ブログでは他にもAviUtlでのトラブルシューティングやおすすめの設定を紹介しています。参考になれば幸いです。
≫ AviUtlの使い方

今回はここまで!
次回もよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です