実況ユニット『あけたま』とは

【AviUtl】カット編集の方法を解説!できない時の注意点や重い時の対処方法も合わせて紹介

AviUtlカット編集

どうも、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です!

今回は「AviUtl」のカット編集について、やり方をサンプル動画付きで分かりやすく解説していきます!

多摩川

動画を撮ってみたけど、要らないシーンをカットしたい…

不要なシーンをカットするのは、動画編集の基本になります。

この記事で分かりやすく解説していきますので、一緒にAviUtlでのカット編集のやり方をマスターしていきましょう!

 

カット編集解説用のサンプル動画

今回のカット編集解説に際し、こちらの動画を使用します。

(※ ときメモ2実況プレイのOP。良かったらゲーム実況動画も見てね)

上記の動画を実際にAviUtlでカット編集しながら解説していきます。

 

AviUtlのカット方法は2種類ある

AviUtlのカット編集は大きく2つのケースがあります。

  •  動画の「前後」に不要な部分があるケース
  •  動画の「中間」に不要な部分があるケース

それぞれのケースに合わせたカット方法が以下です。

  •  動画の「前後」に不要な部分があるケース
    =>  動画オブジェクトの前後をトリミング
  • 動画の「中間」に不要な部分があるケース
    =>  動画オブジェクトを 分割 → 削除 → 結合

この記事では上記2つのカット方法を、順番に解説していきます。

【カット方法①】動画オブジェクトの前後をトリミング

まずは、動画の「前後」に不要な部分があるケース のカット方法です。

動画の前半をカット

動画オブジェクトの左端(開始)を摘まんで、「このシーンから開始」という位置までドラッグします。

動画の後半をカット

動画オブジェクトの右端(終了)を摘まんで、「このシーンで終了」という位置までドラッグします。

 

実践解説

サンプル動画を「イントロから歌入りまでの前半をカットして、タイトルロゴから開始したい」とします。

タイトルロゴ
このタイトルロゴシーンまでカットしたい!
カット編集① やり方

  1. 「このシーンから開始したい」という箇所を決める
  2. 動画オブジェクト右端(開始)をクリックし、「このシーンから開始したい」位置までドラッグ
  3. 動画前半をトリミングできたら、動画オブジェクトをクリックして開始地点を0秒に詰める

 

動画の前半部分がばっさりカットされ、タイトルロゴの箇所からスタートするよう修正できました。

 

この「カット方法①」は、動画の端をドラッグするだけで調節できるので直観的で早いことがメリットです。

ですが、『動画の〇秒~〇秒までの間だけカットしたい!』といったカット編集に対応できません。

そういった場合は次の「カット方法②」を使います。

 

【カット方法②】動画オブジェクトを 分割 → 削除 → 結合

続いて、動画の「中間」に不要な部分があるケースについてのカット編集方法です。

動画オブジェクトを 分割 → 削除 → 結合

  1. 動画オブジェクトの「カット開始地点」を決めフレームを合わせ、オブジェクトを右クリック → [分割]
  2. 動画オブジェクトの「カット終了地点」を決めフレームを合わせ、オブジェクトを右クリック → [分割]
  3. 分割した「カット対象」オブジェクトを右クリック → [削除]
  4. 残った動画オブジェクトを結合して、削除によって空いたスペースを詰める

ちなみに右クリックでのオブジェクトの分割や削除は、ショートカットを使うとより効率よく作業できます。

 

実践解説

サンプル動画を「タイトルロゴ~サビまでの間をカットしたい!」とします。

タイトルロゴ
タイトルロゴから
サビに入る瞬間までカットしたい!
カット編集② やり方

  1. タイトルロゴのシーンにタイムバーを合わせ、オブジェクトを右クリック → [分割]
  2. サビ手前の発光シーンにタイムバーを合わせ、オブジェクトを右クリック → [分割]
  3. 分割した、カットしたい部分を右クリック → [削除]
  4. 削除によって空いたスペースを詰める
  5. 繋がりを再生して確認

動画の中間にある不要シーンをカットすることができました!

 

カット編集ができない時

上記の方法でカット編集ができない時、以下を確認してみましょう。

 

AviUtlのメインウィンドウで動画を読み込んでいないか?

→ 動画ファイルはAviUtlの拡張編集タイムライン上で読み込むようにしましょう!

 

カット後にオブジェクトを前方に詰める際、オブジェクトの端を伸ばしていないか?

→ カット後は、オブジェクトの端を伸ばすのではなく、オブジェクトごと移動させましょう!

 

拡張編集の環境設定に問題はないか?

→ 特に「分割時にグループを別々にする」にチェックが入っていない場合、カット時に想定と違う動きになり、カット対象がずれることがあります。

 

やっておくとカット編集が楽になる設定

拡張編集タイムライン上を右クリックし、[環境設定] を開きます。

「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れましょう。

未チェックの場合 => 『右クリックした位置』でオブジェクトを分割

チェック済の場合 => 『現在フレームの位置』でオブジェクトを分割

設定はお好みで大丈夫ですが、基本的にはフレームで分割位置を定めた方が正確なので、チェックしておくのがオススメです!

ここまででカット編集の方法についての解説は以上です!

 

カット編集が重い時の対処方法

スペック低めのPCで作業しているばあ、AviUtlでカット編集しているとき、カット部分で動作が重くなることがあります。

そこで、AviUtlのカット編集が重い場合に、動作を軽快にする裏技を紹介しておきます。

結論:カット部分を削除せずに、ミュートレイヤーに移動する

AviUtlの拡張編集タイムライン上のレイヤー番号をクリックすると、ミュートモードになり、そのレイヤー上のオブジェクトは動画に表示されません。

カットした部分を削除するのではなく、ミュートレイヤーに移動します。

オブジェクトを削除するとメモリを消費してしまいますが、削除をせずに非表示にしつつカット部分を残しておくと、カットした部分を移動しているだけなのでメモリ消費を抑えられます。

関連: ≫【AviUtl】カクつく長い動画を超軽くカット編集する方法【裏技】

 

カット編集の時に便利なプラグイン

もう一歩深堀りして最後に、カット編集する際に入れておくと便利なAviUtlプラグインをご紹介します。

Aviutl プラグイン シークバー+

メインウィンドウのシークバーに、サムネイル表示機能を追加してくれるプラグインです。

カットしたい位置を決定するのに便利です!

ダウンロードはこちら

AviUtlは有志によってつくられた優れたプラグインやスクリプトがたくさんあります。

当ブログではプラグイン・スクリプト紹介もまとめているので、気になった機能はぜひ試してみてください!

 

【AviUtl】カット編集の方法をわかりやすく解説! まとめ

AviUtlカット編集

ということで今回はAviUtlのカット編集の方法について解説いたしました!

カット編集は動画制作の基本のキでありながら、動画を作り続ける限りずーーーっと扱うテクニックです。

今回の記事でカット編集のやり方をマスターし、今後の制作にぜひ役立ててください!

今回はここまで!
次回もよろしく!

◆当ブログのAviUtl動画制作Tipsはこちら

初心者でもすぐに使えるカッコいいプラグインや、エラーで困った時の対処法などを解説してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

多摩川乱歩
エモい動画を作ります。ニコニコ・Youtubeを中心に活動するゲーム実況ユニット「あけたま」のたまの方。可愛いものが好き。おしゃべりクソ野郎。ゲーム実況、ブログ、動画制作などを中心に発信したりします。