【Aviutl】スクリプト『なめらか縁取り』でテキストに差をつけろ!【おすすめ】

 

動画を作っていて、テキストを使用する際に縁取りをかけるのはよくあるかと思います。

今回はAviutlのテキスト縁取りをなめらかに行ってくれるスクリプト『なめらか縁取り』についてご紹介しようと思います。

 

『なめらか縁取り』スクリプト 導入

 

まずはダウンロードについてです。

開発者、Kaisatsu様(@kai_satsu)様の以下のツイートからDropboxへのリンクに飛ぶことができます。

 

ドロップボックスに入ったら[なめらか縁取り.anm]を選択してダウンロード。

自身のAviutlのスクリプトフォルダに加えれば、使用可能となります。導入楽勝過ぎますね助かります。

 

『なめらか縁取り』スクリプト 使い方

 

使い方はホントにめちゃくちゃ簡単。

テキストオブジェクトに対し、なめらか縁取りを適用させるのみです。

 

一応申し訳程度にプロパティ紹介。以下です。

サイズ

縁取りの厚みを決めます。

周期

縁取りの滑らかさを決めます。最大20で、数が多いほど滑らかになります。

 

つまみも2つと、シンプルなつくりで非常に使いやすいですね。

『なめらか縁取り』スクリプト 実際の使用例

 

百聞は一見に如かず、ということで実際にテキストオブジェクトに『なめらか縁取り』を当ててみました。

上が『なめらか縁取り』、下がAviutlデフォルトの縁取りです。

パッと見でも下の方がカクカクしているのがわかるかと思います。

近づいてみると角の差がハッキリしていますね。

デフォルトの縁取りは結構角ばってしまって、テキストの雰囲気が埋もれてしまいます。

 

白背景でも比較。フォントは「ほのか明朝」です。

『取』の字にめちゃめちゃ差が表れていますね。

なめらか縁取りでは、角が丸く切り取られており、やわらかい雰囲気を保っていますね。

こっちの縁取り使うだけでクオリティ上がるので最早使わない手がないな。

 

『なめらか縁取り』スクリプト まとめ

ということで今回はAviutlのスクリプト、『なめらか縁取り』についてご紹介しました。

テキストを扱う時はほとんど縁取りを使いますが、Aviutlデフォルトの縁取りはこうしてみるとあまりイケてないですね。

細かいところではありますが、テキストはかなり印象左右するので悪い意味での『Aviutlっぽさ』は払拭してやった方が、動画のクオリティアップに繋がりますね。

字幕系の動画制作なんかでかなり垢抜けた印象になるかと思いますので、ぜひ試してみてください!導入も使い方も簡単なのでオススメです!

 

今回はここまで。みなさん良い動画ライフを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です