【Aviutl】テキストに背景色をつける一番簡単な方法【初心者向け】

テキストに背景色

ワードのような文書編集ソフトでは一般的に搭載されている「テキスト背景色(ハイライト)」の変更機能

文字の背景色を変更
↑(こんな感じに、文字の背景を変更したい)

ですが残念ながらデフォルトのAviutlでは、テキストオブジェクトに背景色を変える機能は備わっていません。

とはいえ文字の背景色を変更したいシーンはたくさんある!と思いますので、今回はAviutlでの『テキストの背景色の変更方法』について解説してみようと思います。

Aviutlで文字の背景色を変更する簡単な方法

専用スクリプト導入など、いくつか方法もありますが、今回はデフォルトのAviutlでも出来てかつ一番汎用性の高い方法をお伝えしようと思います。

テキストと背景オブジェクトを個別に作成

前振りがやや大げさになってしまいましたが、やることは非常にシンプル。

テキストと、文字背景を別のオブジェクトで作るだけです。

まずはテキストオブジェクトを作成

テキストオブジェクト追加

タイムラインを右クリック -> [メディアオブジェクトの追加] -> [テキスト] を選択し、テキストオブジェクトを配置します。

テキストを記入

今回は「テスト」と文字列を入力しました。

次に図形オブジェクトで背景を作成

テキストオブジェクト作成と同じ流れで、タイムラインを右クリック -> [メディアオブジェクトの追加] -> [図形] を選択し、図形オブジェクトを配置します。

図形が上のレイヤー

この時、注意点として『図形オブジェクトが、テキストオブジェクトよりも上のレイヤーにくる』ようにタイムラインに配置してください。

Aviutlでは、『より下のレイヤーの方が、前面に配置される』というルールで成り立っています。

もしテキストオブジェクトよりも図形オブジェクトが下のレイヤーに配置された場合、文字に背景が被さってしまうため注意が必要です。

図形オブジェクトを編集し、文字の背景にする

ここから図形オブジェクトを文字背景らしく修正していきます。

まずは円形になっている図形オブジェクトを四角形に変更します。

図形を四角に変更

先ほど作成した図形オブジェクトをクリックし、プロパティの [図形の種類] プルダウンから [四角形] を選択します。

図形が四角形に変わったのを確認したら、次は色を変更します。

色を設定

同じく図形オブジェクトのプロパティから [色の設定] をクリックし、カラーパレットからお好みの色を選択します。

色を変更できたら、最後は図形のサイズを文字に合わせます。

図形のサイズ変更

図形オブジェクトのプロパティから [サイズ], [縦横比] の値を変更し、文字に合わせます。

今回はサイズ150、縦横比-50にしてみました。

ここまでの作業で、文字に背景色が追加され、Wordでいうところのハイライトのような状態になったかと思います。

背景色

Aviutlで文字の背景色を変更する簡単な方法 まとめ

テキストに背景色

ということで今回はAviutlで文字の背景色を変更する簡単な方法についてご紹介しました。

スクリプトでやる方法もあるのですが、まあこのくらいのオブジェクトの組み合わせなら手技でサクッとやってしまった方が楽かと思います。

背景色に使っている図形も所詮オブジェクトなので、透明度を変更したりグラデーションかけたり、普通にエフェクトかけ放題で汎用性が高いと思います。

今回のテクニックを利用して、タイピング風の演出なんかにも使えたりするので、気になった方は下の記事もぜひチェックしてみてください。

【Aviutl】『TAタイピング』でPCタイピング風の演出を作る!タイプ速度も自由自在!

短いですが今回はここまで。

皆さま良い動画ライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です