【Aviutl】スカイドームスクリプトで360度パノラマ動画を作る!【使い方・解説】

今回はAviutlで360度パノラマ動画を作成することができる『スカイドームスクリプト』についてご紹介します。

360度パノラマって……ホントなんでも作れるなこのフリーソフト。

いつも通りダウンロードから導入、使い方、実用例などを交えて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

『スカイドームスクリプト』のダウンロード・導入

『スカイドームスクリプト』のダウンロード

毎度おなじみティム様制作のスクリプトです。何者なんだこの人。

こちらの動画を併せて見ると、スムーズに導入できると思います。

流れは以下です。

  1. ティム様の『スクリプト置き場』にアクセス
  2. 『スカイドーム』と『小物(カメラデータコピー等)』を右側のボタンからダウンロード

 

『スカイドームスクリプト』の導入

 

  1. 先ほどダウンロードしたzipを解凍
  2. それぞれのファイルから『@スカイドーム.anm』『@カメラデータコピー.cam』を自身のscriptフォルダにコピー
  3. aviutlを起動して導入が確認できたら成功です

 

反映されない場合は、Aviutlの再起動・配置ファイルの再確認をしてみてください。

 

『スカイドームスクリプト』の使い方

まずスカイドームスクリプトを当てるための画像素材を用意します。

ちょっと変わった大きさの画像が必要で、「スカイドーム フリー素材」や「equirectangular」(エクイレクタングラー)といったキーワードで検索してみましょう。

素材が用意出来たらAviutlに取り込み、さっそくアニメーション効果から『@スカイドーム』をかけていきます。

あとはお好みでパラメータを設定するだけ。簡単です。

一つずつパラメータを解説していきます。

水平回転

水平回転

水平方向に回転します。

+で右側、-で左側へ移動します。

垂直回転

垂直方向に回転します。

+で上側、-で下側へ移動します。

側方回転

側方回転

首をかしげるみたいな回転をします。

+で右側、-で左側へ移動します。

視野角

視野角

近づいたり遠ざかったりします。

+で奥へ、-で手前へ移動します。

スカイドームとカメラ制御を組み合わせる(上級者向けの使い方)

せっかくパノラマ動画だし、カメラ制御と組み合わせてもっと動きを付けたい!というニーズにお応えします。

導入時に加えたカメラデータコピーを使用します。

  1. スカイドームをかけた画像の上に親のカメラ制御を配置
  2. カメラ対象オブジェクトの上に子カメラ制御を配置
  3. スカイドームの[親カメラデータを取得]にチェック
  4. Layer1のカメラ制御にカメラデータコピー(親)をかける
  5. Layer2のカメラ制御にカメラデータコピー(子)をかける

 

上記のようなオブジェクト配置にしてみます。

スカイドーム+カメラ制御の実用例

上記のような配置で以下のような動画を作ってみました。

 

カメラの動きに合わせて、パノラマ背景も連動して動いているのが分かります。

簡単な使用例ではありますが、スカイドームを使うことで「空間感」がかなり出ますね。

まとめ

ということで今回は『スカイドームスクリプト』による360度パノラマ動画の作り方についてご紹介しました。

今回使用したスカイドームはもともとMMDで使われている用語だそうで、AfterEffectsプラグインではHorizonと呼ばれる類似機能があるそうです。

カメラ制御が無くてもグリグリ動かせますし、組み合わせることで完全にパノラマ動画が作れます。マジスゲエぜ。使いこなせればかなりド派手な演出も出来るようになるはず。

Aviutlの可能性をまた一つ感じる優れたスクリプトです。ぜひお試しください。

今回はここまで。
次回もよろしく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です