実況ユニット『あけたま』とは

【AviUtl】動画の暗い部分だけ明るくする方法【シャドウ・ハイライト】

 

ども、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

多摩川

動画や写真の暗い部分だけを明るくしたい!!!

AviUtlデフォルトの機能で、動画や写真の明るさを変更したい場合、「色調補正」>「明るさ」から調整します。

ですが、デフォルトの明るさ設定はぶっちゃけあまりイケていません。

↑のように、

  1. 画面全体が明るくなってしまう
  2. 明るさを上げると段々白っぽくなってしまう

といった具合で、イメージ通りに明るくなってくれないことがあります。

そこで、今回は “暗い部分だけを明るく” する 『シャドウ・ハイライト』をご紹介します。

暗い部分だけ明るくするスクリプト『シャドウ・ハイライト』

シャドウ・ハイライト とは

『シャドウ・ハイライト』はAviUtlの革命児ことティム様制作のスクリプト。

当ブログでもティム様のスクリプトを数多く紹介しておりますが、どれも異次元の機能追加で、AviUtlの可能性を無限に広げてくれます。

絶対感動するので、他のスクリプトもぜひ試してみてください。

シャドウ・ハイライトの導入方法

まずはシャドウハイライトの導入手順を解説していきます。簡単です。

シャドウ・ハイライトの導入方法

 

  • 『色調調整セットver6』の『DL V6』からzipファイルをダウンロード

 

  • ダウンロードしたzipファイルを展開し、以下のファイルを自身のAviUtl > script フォルダにコピー
    • @T_Color_Module.anm
    • T_Color_Module.dll

 

以上で導入完了です。お疲れ様でした。

scriptフォルダなんて無いんですけど…という方は、スクリプト導入について以下の記事で詳しく解説しています。合わせて読んでみてください!

≫【AviUtl】配布スクリプトを導入する方法

 

『シャドウ・ハイライト』を使って、暗い部分だけ明るくする

『シャドウ・ハイライト』の使い方

  • 明るくしたい素材(今回は画像)オブジェクトを用意
  • オブジェクトの設定ダイアログ右上[+] > [アニメーション効果] > [シャドウ・ハイライト@T_Color_Module]

各パラメータについても解説します。

黒潰補正

画像の “暗い部分” の色補正をします。

  • 数値を上げる -> “暗い部分”が明るくなる
  • 数値を下げる -> “暗い部分”が暗くなる

 

白潰補正

画像の “明るい部分” の色補正をします。

  • 数値を上げる -> “明るい部分”が暗くなる
  • 数値を下げる -> “明るい部分”が明るくなる

 

範囲

参照するピクセルの範囲を指定できます。
シャドウハイライトでは、周囲のピクセルの明るさによって、内部的にトーンカーブを自動補正してくれます。

感覚的にいうと『範囲を広げると、補正箇所が周囲と馴染みます』。

 

シャドウ・ハイライトで 暗い部分だけ明るくするサンプル

百聞は一見に如かず、ってことでサンプル的に暗めの画像をいくつか補正してみました。

画像はこのサイトではお馴染み『O-DAN』から拝借。いつもお世話になっております。

左がBeforeで右がAfter。

 

 

 

どれも違和感なく、明るさ補正できてますよね。

エフェクトをON/OFFして、元画像と比較しながら修正すると、変な補正もかからずイイ感じにできます。

 

暗い部分だけ明るくする『シャドウ・ハイライト』まとめ

今回はAviUtlスクリプト『シャドウ・ハイライト』を使って、暗い部分だけを明るくする方法を解説しました。

Photoshopとかで搭載されているシャドウ・ハイライト機能のAviUtl版。
画像だけでなく、もちろん動画にも使用できるのでマジで便利です。

なんとなく画が暗いけど、上手く明るくできないなーという時は重宝しますので、ぜひ活用してみてください!

当ブログでは他にも、AviUtlのイケてるスクリプトを紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいー!
≫【Aviutl】おすすめスクリプトまとめ!

今回はここまで!
次回もよろしく!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です