実況ユニット『あけたま』とは

【AviUtl】ハードウェアエンコードで爆速化!プラグイン導入~設定を解説

 

ども、多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

多摩川

「ハードウェアエンコード」とかいうのを使えば、エンコード速度が速くなるって聞いたんですけど!どうやってやるの?

今回はAviUtlでハードウェアエンコードをする方法について解説します。

以前『【AviUtl】エンコード時間を短縮!遅いエンコを高速化する方法』でもご紹介しましたが、ハードウェアエンコードを利用することで、高速にエンコードすることが可能です。

プラグイン導入から使い方までわかりやすく解説していきますので、一緒にAviUtlでハードウェアエンコードを試してみましょう!

そもそも「ハードウェアエンコード」って?

ハードウェアエンコードとは

「ハードウェアエンコード」とは、パソコンに搭載されているグラフィックカードの機能を用いてエンコードする方法です。

【ハードウェアエンコードのメリット!】

  • ソフトウェアエンコードに比べ高速でエンコードできる
  • エンコード中もPCが重くならない(CPUに負荷がかからない)

【ハードウェアエンコードのデメリット…】

  • すべてのPCでハードウェアエンコードができるわけではない
  • ソフトウェアエンコードに比べ画質が低かったりノイズが入ることがある
    (らしい。筆者は感じたことがない)

YouTubeの隆盛もあり、毎日投稿など次々と動画を作りたい方にとってエンコード時間はロス以外の何物でもありませんよね。

出来るだけ画質などを下げずに、エンコード時間を速めたい場合にハードウェアエンコードは非常に有効です。

AviUtlでハードウェアエンコードするには

AviUtlでのハードウェアエンコードは出力プラグイン「x264guieEx」で有名な「rigaya」様のブログ( rigayaの日記兼メモ帳 から、プラグインをダウンロードすることで導入可能です。

搭載しているグラボによって使用するプラグインが異なるので、ご自身のPCに合ったものを使用するようにしましょう。

  • QSV用プラグイン:QSVEnc
  • NVEnc用のプラグイン:NVEnc
  • VCE用のプラグイン:VCEEnc

ご自身のグラフィックボードの確認方法はこちら

【AviUtl】ハードウェアエンコードする方法!

以下では例としてNVEncをダウンロード・インストールする方法をご紹介します。(他のグラボでも概ねやり方は同じです)

NVEncをダウンロード・インストール

NVEncをダウンロード

サイドバーのNVEncをクリック

rigayaの日記兼メモ帳 にアクセス。
右側サイドバーの [NVEnc + NVEncC] をクリック 。

 

Onedriveから最新版のNVEncをダウンロード

OneDriveにジャンプするので、最新版の「NVenc_〇.●●.zip」をクリックしダウンロード。

ダウンロードした「NVenc_〇.●●.zip」を展開します。

 

NVEncが利用可能かチェック

NVENCが利用可能か確認(ダブルクリック).batをダブルクリック

展開した「NVenc_〇.●●.zip」の中に

  • NVENCが利用可能か確認(ダブルクリック).bat

という動作確認用のファイルが用意されています。

補足

「NVENCが利用可能か確認(ダブルクリック).bat」をクリック時、以下のようなダイアログが表示される場合があります。

「詳細情報」をクリック

[詳細情報] をクリック

 

「WindowsによってPCが保護されました」実行をクリック

[実行] をクリックで実行できます。

 

NVEncが利用可能かターミナル上で確認

コマンドプロンプトが起動し、NVEncが利用可能かどうか表示されます。

NVEncは利用可能です

が表示されれば動作確認は完了です。このコマンドプロンプトは適当なキーを押せば消えます。

 

NVEncをインストール

auo_setup.exeをクリック

「NVenc_〇.●●.zip」の中に「auo_setup.exe」を実行します。

 

AviUtlのフォルダを指定

setupダイアログが表示されます。

[…] をクリックして、自身のAviUtl.exeのあるフォルダを選択します。

フォルダを選択して [次へ] をクリック。

 

NVEncのインストール完了画面「終了」をクリック

インストールが実行されます。完了したら [終了] をクリック。

これでインストールは完了です。お疲れ様でした。

 

プラグイン出力に「拡張NVEnc出力」が追加されている

AviUtlを再起動して、メニューバーの [ファイル] > [プラグイン出力] > [拡張 NVEnc 出力] が表示されていれば導入完了です。

NVEncの使い方

メニューバーの [ファイル] > [プラグイン出力] > [拡張 NVEnc 出力]  をクリック。

基本的な使い方は「x264guiEx」と同様です。

NVEnc出力ダイアログの「ビデオ圧縮」をクリック

[ビデオ圧縮] をクリック

 

NVEncのロゴが緑色になればエンコード可能

NVEnc出力の設定ダイアログが表示されます。
左上のロゴが緑色に点灯していれば、ハードウェアエンコード可能です。

補足

ロゴが点灯するまで若干ラグがあります(最大10秒くらい)。

NVEncのプロファイルからH.264ビットレート指定高画質を選択

メニューバーの [プロファイル] をクリックすると、エンコード設定のテンプレートを選択できます。

今回は [H.264 ビットレート指定 高画質] を選択しました。
選べたら右下の [OK] をクリック。

 

NVEnc出力ダイアログの「保存」をクリック

[保存] をクリックでエンコードが開始されます。

 

NVEncの実例

同じ編集プロジェクトをハードウェアエンコード、ソフトウェアエンコードで比較した時に、

 

ソフトウェアエンコードでの総エンコード時間1分17秒

ソフトウェアエンコード(プロファイル[高速])で 1分17秒

 

ハードウェアエンコードでの総エンコード時間1分3秒

ハードウェアアエンコード(プロファイル[H.264 ビットレート指定 高画質])で 1分3秒

 

高画質設定であってもハードウェアエンコードの方が約20%ほど速くなりました。

短い動画で検証したので一見差が小さいように見えますが、例えばソフトウェアエンコードで2時間(120分)かかってたエンコードが、ハードウェアエンコードだと約1時間半(96分)になります。

長い動画であるほど大きな時間短縮になりますし、短い動画も生産速度があがり量産が容易になりますね。

【AviUtl】ハードウェアエンコードで爆速化!プラグイン導入~設定を解説

AviUtlハードウェアエンコード解説サムネイル

今回はAviUtlでハードウェアエンコードをする方法について解説しました。

PCの買い替え無し、画質を維持、という厳しい条件の中でエンコード速度を向上させたい欲張りさんには、うってつけの解決策かと思います。

【AviUtl】エンコード時間を短縮!遅いエンコを高速化する方法』と合わせて、ぜひ納得のいくエンコード高速化を試してみてください。

当ブログでは他にもAviUtlの便利な使い方や、動画編集未経験から一気にステップアップできるオススメ書籍を紹介しています。

TwitterYouTubeでも動画制作やゲーム実況に関する発信をしています。

当ブログは個人にて運営を行っており、読者の皆様のご協力で継続できております。大変厚かましいお願いではございますが、

  • 当ブログの情報が少しでも参考になった
  • 問題解決の役に立った
  • あけたまの活動を応援してやっても良い

とお考えになりましたら、お力添えを頂けますと幸いです。

\あなたのコメントが力になる!/
このブログを応援する! >

今回はここまで!
次回もよろしく!

関連コンテンツ

シェアしてくださると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

多摩川乱歩
ゲーム実況、ブログ、動画編集のハウツーなどを中心に発信しています。 動画編集歴7年目。ブログ運営4年目です。ゲーム実況者コンビ「あけたま」で動画投稿中(ニコニコ動画・YouTube)。 動画をカッコよく編集したい!面白いゲーム実況を撮りたい!好きをブログで発信したい!という方を応援するコンテンツを作っていきます。