【Aviutl】「漫画化」で画像や動画をコミック風にしてみませんか【スクリプト紹介】

画像や動画をトーン貼りの漫画みたいにみせるAviutlスクリプト「漫画化」についてご紹介したいと思います。

導入は制作者gometh様のスクリプト紹介動画から可能です。(有名なドカベンフォントの作者様です)
リンク切れの場合はご容赦ください。

スクリプト「漫画化」について

導入出来ましたら、漫画化したい画像や動画に対して[アニメーション効果]から[漫画化]を選択。

選択した時点で「おおっ……!」ってなると思います。

トーンのおかげで結構それっぽく見えるっすね。

使い方はとってもシンプル。

・[色数]の増減と、
・[ガイド]からトーンの適用範囲を指定する

これだけ。

[ガイドを表示]にチェックを入れると、 アンカー付きのトーンガイドを表示してくれます。

アンカーを左右にずらすことでトーンの適用範囲を指定できます。めちゃくちゃ直観的。

 

また、オリジナルトーンを追加したり置き換えたりと機能を拡張することもできます。

ダウンロードした際の「漫画化セット」ファイルに、サッと拵えたオリジナルトーンを追加してみます。

ペイントソフトで無地ピンクの背景画像を作成しました。サイズはデフォルトで1280×720。
サイズは自由ですが、あんまり大きいと動作が重くなるみたいです。

「tone3」と名前をつけてファイルに追加します。
Aviutlを再起動して、色数を5に増やすと

追加したトーンが反映されています。やったね。

お気に入りのトーンを見つけてきたり、自作するとよりクオリティ上がりそうっすね。

「漫画化」の簡単な使用例

ト書きや吹き出しが出るような演出だと相性が良さそうっすね。
これだけでちょっとした漫画MADとか作れそうです。

もちろん画像だけでなく動画にも適応できます
参考までに色数による比較サンプルも出しておきますね。

元動画もやっぱりある程度2次元的なものでないと、扱いが難しそう。

まとめ

ということで、今回はスクリプト「漫画化」についてご紹介しました。

操作もシンプルで良い雰囲気になりますし、すごく使いやすい感じっす。
拡張次第でかなり化けそうな予感ですね。

トーンの斜線に合わせて斜めクリッピングかけたり、コマ割で動く演出など応用がききそうなスクリプトです。

ぜひ導入してみてください。それでは良い動画ライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です