【Aviutl】自動バックアップから編集ファイルを復元!保存せずに終了しちゃってもまだ諦めるな!

やっほす。多摩川乱歩です。

先日、相方の明智くんがこんなツイートをしていました。

明智
1時間くらいポチポチ編集してたら
保存忘れてプロジェクト閉じてしまい
全てのやる気を失ったので寝ます
今日も仕事がんばろ

 

わかーる分かるよ君の気持ちー。

 

 

でも本当は諦めたくないよね?

ということで(どういうことで?)今回は、Aviutlの自動バックアップ機能から編集ファイルを復元する方法についてご紹介します。

Aviutlの自動バックアップ機能を使いましょう

さっそくAviutlを起動し、拡張編集タイムラインで右クリック。

[環境設定] から自動バックアップの設定をすることができます。

 

[自動バックアップを有効] にチェックが入っていることを確認。

デフォルトでは5分に一回、自動バックアップによって編集ファイルが保存されるようになっています。

[バックアップファイルの最大数] を超えた場合は、古い物から順に削除されていきます。

とはいえ、プロジェクトファイルのデータ容量サイズなんてのはたかが知れているので、100~1000くらいで設定してしまってOKかと思います。

ここまでの設定でバックアップファイルの自動保存についてはOK。続いて編集プロジェクトの復元について解説します。

Aviutlの自動バックアップからプロジェクトファイルを復元する

バックアップファイルはAviUtlフォルダの『backup』フォルダに作成されます。

一度Avitulを終了し、backupフォルダにファイルが保存されていることを確認します。

バックアップファイルがあることを確認後、Aviutlを再起動し、タイムラインを右クリック。

[バックアップファイルから新規作成] が表示されるので、こちらから該当ファイルを選択。

編集プロジェクトを復元できます。やったぜ!

Aviutlの自動バックアップでファイルを復元する方法 まとめ

ということで今回は、Avitul編集プロジェクトの自動バックアップ機能と、プロジェクト復元の方法について解説しました。

マシンスペックや設定にもよりますが、Aviutlは結構落ちやすくて、編集中のプロジェクトが途中で強制終了してしまうことがあります。

特にカメラ制御やファイルサイズの大きいオブジェクトを扱っていると、強制終了の危険性が高まるので注意が必要です。

万が一落ちてしまった場合は、焦らず今回のように復旧すればOKです。

いきなり強制終了になると焦ってしまうかもしれませんが、デフォルトでも5分間は自動バックアップが設定されていますので、慌てずにこの記事を思い出して復元を試してみてください。

 

ということで明智くんにも教えてあげますか……!

優しい多摩川さん、さっそく明智くんにLINEです。

自力で解決してるーーーーーー!!!!

まーーーー、手のかからない子!!!!

今回はここまで。
次回もよろしく。

関連記事

【Aviutl】おすすめスクリプトまとめ!初心者でも簡単に編集できるエフェクト5選!

【Aviutl】エンコード時に「ファイルの作成に失敗しました。」と表示される時の確認事項と対処法

動画を超良い感じにしてくれる優秀なフォントを3つ紹介するよ【Aviutl使用例あり】

2 件のコメント

  • こんばんは
    せっかく作った編集ファイルが消えてしまって気が狂いそうになっていましたが、
    この記事のおかげで修復する事が出来ました!

    本当に助かりました!
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です