トラックボールマウスを買い直したので改めてレビューしてみるの巻

おいっすー。多摩川乱歩です。

以前こんな記事を書きました。

作業効率2倍!快適過ぎる「トラックボールマウス」のススメ

トラックボールマウスを使い始めて5年近く経ちまして、すっかりトラックボーラーな多摩川さんです。

何度か買い替えを行っていますが、先日2年ぶり3回目の不調がありまして買い直しをしました。

今回は改めて愛用しているトラックボールマウスをレビューしてみようかと思います。

5年くらい愛用しているトラックボールマウス

そんな感じで新品が届いたので開封していきます、じゃん!

ロジクール WIRELESS TRACKBALL M570

お値段はAmazonで5000円くらいですね。注文から翌日届きました。

カスタムボタンが2つ付いており、アクションを割り当てられます。(デフォルトはページの進む・戻る)

省スペース

トラックボールなので、マウスを移動させる必要がないです。

よってこのマウスを置くスペースだけあれば快適な操作が可能になります。不要なマウスパッドも断捨離できますね。

ワイヤレスで遅延なし

付属のUSB型ワイヤレスレシーバーを端末に挿して使用します。(レシーバーはマウス内部に収納も可能)

コードレスなので膝の上でもポケットの中でも操作可能です。

冬はコタツに手を突っ込んだままPC操作できます。これだけでも爆アドです。

電池寿命も長く、持ち運びも便利

単三電池1本で動作しますが、燃費がめちゃくちゃよく半年に1回とかの交換頻度でOK。(基本PCは毎日使っています)

またマウス本体は軽く、先述した通りコードもないのでノートPCとかとも相性抜群です。

ロジクール WIRELESS TRACKBALL M570のここがダメ!

ほとんど不満はないのですが、5年も使ってると「強いて言うなら…」という点も多少は出てくるので、ちょっと書いてみます。

精密操作には不向き

動画編集くらいだったら全然余裕、むしろ快適度が上がり効率化すらありますが、「このマウスで絵を描こう」とかなったらかなりキツいかと思います。

綺麗な円を描くのすらちょっと難しいです。

でもまあそもそもマウスで絵を描こうとか思ってる人が少ないでしょうし、PCでお絵かきするならおとなしくペンタブ買ったら良いんじゃないですかね。

慣れるまでがもどかしい

トラックボールデビュー時は違和感エグイです。自然と手動かそうとしちゃいますし、親指操作もかなり気使います。

ですが、初日。初日さえ乗り越えたらもうあとは天国です。

ぼくはもうトラックボールマウスが無かった頃には戻れなくなってしまいました。逆に普通のマウスの方が違和感、みたいな。

トラックボールマウスはいいぞ。まとめ

ということで改めてトラックボールマウスの良さを語っちゃったりしてみました。

ちなみに勧めたところ、明智くんも購入してくれてました。

なにボクよりカッコいいの買ってんだよ!!!!!!

動画を始め、PCでの作業全体がめちゃくちゃ捗るようになるのでぜひ試してみてください。

短いですが、今回はここまで。
次回もよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です