実況ユニット『あけたま』とは

【AviUtl】動画を途中で一時停止させる方法【3パターンで解説】

動画を一時停止させる方法

 

どうも多摩川乱歩(@tamagawa2525)です。

多摩川

AviUtlで動画を作っているけど、再生途中で”一時停止”しているような演出をしたい!

↑こういう感じに、動画の途中で一時停止する方法を解説していきます。

補足

編集時の『プレビュー動画』の一時停止はキーボードのスペースキーで可能です。詳しくは『【Aviutl】必修!ショートカットキーで作業を爆速化する』で解説しています。

今回はプレビューではなく、動画そのものを一時停止する方法を扱っていきます。

【AviUtl】動画を途中で一時停止させる方法

AviUtlで動画を一時停止する方法はいくつかやり方がありますが、大体以下の3パターンくらいになるかと思います。

  • 中間点 + 瞬間移動
  • 画像差し込み
  • 複製オブジェクト差し込み

それぞれの一時停止パターンについて、この記事ですべて解説していくので、一番やりやすそうなものを選んでもらえればOKっす。それではやっていきましょう。

一時停止パターン①  『中間点 + 瞬間移動』

まずは中間点を利用した方法です。

  • 一時停止したい場所で右クリック → [中間点を追加]

 

  • 一時停止を解除したい場所で右クリック → [中間点を追加]

↑の中間点で挟んだ部分が『動画を一時停止していたい区間』になります。

 

  • 動画を一時停止していたい区間』を一度クリックして選択
  • 設定ダイアログの [再生速度] → [瞬間移動] を選択

 

  •  [瞬間移動] を選択後、[再生速度] の値を開始0に変更する

 

作業はここまで。

動画を再生してみると……

一時停止サンプル

中間点で区切った『動画を一時停止していたい区間』が一時停止できています!やったぜ!

 

↑のような感じ。一時停止区間の終了中間点で再生速度が100に戻ります。

パターン①を使うメリットとしては、『そのオブジェクトだけで完結する』ので、タイムラインを不要に汚しません。

 

一時停止パターン② 『画像差し込み』

多摩川

(゚Д゚)ハァ?

『中間点』とか言われてもよく分かんねえよ!

もっとシンプルなやり方は無えの?????

 

あります(やったね)。

中間点は応用が利くので先に解説しましたが、もっとシンプルな手順で一時停止する方法として『画像差し込み』を解説します。

 

  • 一時停止したい場所を指定し、メインウィンドウを右クリック → [クリップボードに出力イメージをコピー] を選択

 

  • ペイントツールなどを使って、クリップボードからペースト(Ctrl + V)し、画像(.jpg や .png)として保存。

 

  • 一時停止したいタイミングにカーソルを合わせ、動画オブジェクトを右クリック → [分割]
  • 分割した動画オブジェクトの間に、先ほど保存した静止画を差し込む

 

要は『一時停止したい所は画像差し込んでおこうぜ!』方式。

移動速度を調整したりする必要がないため、より初心者向けかもですね。

ちなみに『Monosnap』というフリーソフトを使うと、今回のような「ペイントツールを開いて → クリップボード貼り付け → 保存 → 動画に利用」 という手間がめちゃくちゃ効率化されるので、よければお試しください。

Windows版Skitchに代わる『Monosnap』でスクショを爆速化!ブログ制作がめちゃ捗る!【導入・使い方解説】

 

一時停止パターン③ 『複製オブジェクト差し込み』

多摩川

いやペイントソフト使って画像保存してって面倒くさいわAviUtlだけで完結させろや!!!

あと中間点とかよく分かんねえのも無し!!!!!

そんなわがままフェアリーもポンと解決させるパターン③を紹介します。

 

  • 動画オブジェクトを下のレイヤーに複製(Ctrl + D)
  • 複製した動画を、一時停止したい箇所で分割(キーボード「s」)

 

  • 分割したオブジェクトの前半部分を削除(不要なので)
  • 分割後半オブジェクトを選択し、設定ダイアログの[再生速度] を0(停止)に変更

 

これでパターン②で用意した静止画と同様のオブジェクトを作れました。

 

  • 再生速度を0にしたオブジェクトを、パターン②同様に、『一時停止したい区間』に差し込む

 

パターン③は、①と②の合わせ技で、ペイントツールも中間点も使いません。

動画オブジェクトの再生速度を0にした、”疑似静止画オブジェクト”を作成し、再生中の動画に差し込むことで一時停止を実現します。

 

①②③のどれを使っても見え方は当然一緒なので、適当に取っ付きやすい方法を利用してもらえば大丈夫です。

多摩川さんは①か③を使うことが多い気がします。

 

【発展】一時停止した時に組み合わせたい、便利なテクニック

上記までで、動画を一時停止する方法について3パターン解説してきましたが、ここからはちょっと発展して考えてみます。

 

わざわざ動画を一時停止しているということは、そのシーンに『注目させたいモノがある』という可能性が高いっすよね。

なので、以下では『一時停止中のシーンで、注目を集めるのに便利なテクニック』をちょこっと紹介しておきます。

 

集中線

一時停止したシーン全体に使うことも、特定の箇所にフォーカスさせたい時にも使えるのが『集中線』。

AviUtlデフォルトで入っているオブジェクトなので、すぐに使用できます。

【AviUtl】集中線の使い方を解説!大きさや色の変更も自由自在!

 

矢印オブジェクト

注目させたい!という時に当然役立つ『矢印オブジェクト』。

こちらは配布スクリプトの導入が必要ですが、以下の記事で詳しく解説しています。

【AviUtl】矢印オブジェクトの使い方を解説!伸縮自在で曲線も対応!

 

【AviUtl】動画を途中で一時停止させる方法 まとめ

動画を一時停止させる方法

ということで今回は『AviUtlで動画を一時停止させる方法』について解説しました。

同じ表現でも色んな手法があるのが、動画作りの難しくも面白いところっすよね。

楽かつ汎用性高い方法を選んでいけるように、一生懸命勉強していきたいもんです。(口だけ)

今回はここまで!
次回もよろしく!

【AviUtl】フォントの追加・変更方法をわかりやすく解説!

◆当ブログのAviUtl動画制作Tipsはこちら

おすすめのフォントや、制作に役立つ便利ツール、動画制作tipsなどを解説してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です